パテは使い所を間違えるとほぼ確実に割れてしまいます

外壁補修

凸凹をなくすのに役立つパテ

隙間を埋めたり補修するのに使うパテには室内用と屋外用があるのですが、一般的には湿気のない屋内、内装工事で使われることが多いと思います。2液型のパテであれば外でも使えますが、基本的にパテは水性のものが多く水との相性があまり良くないので、外壁にパテを使ったら必ず塗装します。

塗装職人がパテを使うのは凹凸をなくしたいとき。板の継ぎ目などにパテを使います。パテは硬くなるので割れやすいという弱点があります。したがってパテは可動部には向いていないので、しっかりと動かない部分に使い、なおかつ凹凸をなくしたいときに活躍します。このため、例えばモルタルの壁にパテを打つとせっかくの表面の凹凸がなくなってしまいますから、やはり段差を埋めたり隙間をなくしたりするのがパテの役割になります。いくつか継ぎ目のある壁でもパテで埋めて塗装すれば、継ぎ目のない新しい壁に生まれ変わらせることができます。

2液型のパテであれば厚みを持たせることもできるので、逆に段差を作ることも可能です。へこんでしまった所を盛り上げたり、使うパテによって自由度が変わってきます。

シーリングにパテを塗るのは御法度!

内装メインの塗装職人にとってはパテはあって当然のものですし、外装メインの人にとってはあまり出番はないけど必要に応じて随時使うものです。パテはシーリングとは違って塗りにくいということはありません。ただし、性質をよく知っておく必要があります。シーリングの段差が気になるからと言ってパテで埋めてはいけません。シーリングは柔らかいので、硬くなるパテを乗せればいずれ割れてしまいます。硬い物と硬い物の間であればパテが適していますが、硬い物と柔らかい物の間には使えません。したがって外装メインでやっている我々にとっては、扱いにくくはないのですが、出番はそんなに多くはありません。また、家は動くものです。地震だけでなく、トラックが近くを通っただけでも家は揺れるということを頭に入れておかねばなりません。

ちなみにパテを使ってもプロタイムズ総研では塗装料金に含まれます。パテはあくまで補助的な存在で、下処理の分野に属します。パテ自体に耐候性があるわけでもないので、何らかの必要があれば使うけれども、そうでなければ出番はありません。

池上

塗装職人はかなり幅広い作業が可能

プロタイムズ総研の塗装班はシーリングも施工するなど、できることはけっこう多いです。ただ、これは専門の人に任せた方がいいとか、スピードの速さを重視するといった場合は任せてしまいます。左官工事も、左官屋さんでなくてもできる人はいるのですが、仕事量が多い場合は専門の人に任せる、少ない場合は自分達で行う、その辺りは臨機応変です。私達にできることすべてがお金をもらえる仕事だとは言えませんが、サービスの範囲内であればできることは色々あります。シーリングについて言えば、サイディングが増えてきてシーリングと塗装は切っても切れないものになっているので、シーリングに手を出す塗装職人は多いですね。

DIYでは多めに使うのがコツ

パテをDIYで使う場合、きれいに塗ろうとする人が多いと思うのですが、硬くなったパテは削ることができます。一気に塗って後から削り落とした方がきれいに仕上がることもあります。内装のプロなら削る時間を惜しんで適量のパテを塗っていくのでしょうが、そんなに普段は使わない人であればある程度たっぷり塗って後から整えた方が楽に、きれいに仕上がると思います。

[記事監修者]池上政之(プロタイムズ総研現場革命部)
池上政之
プロタイムズ総研現場革命部課長。一級塗装技能士。塗装職人としての実績が豊富。関連企業としての関わりからプロタイムズ総研へ入社。現場をまとめる役割も担っている。
なお、プロタイムズ総研には多数の一級塗装技能士が在籍しておりますのでよろしければご覧ください。
「本当の外装リフォーム」に出合う本
最高品質の名工たち一級塗装技能士
ここまでやります!外壁・屋根診断
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

求人情報

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。