プロタイムズ総研の「屋根塗装・補修」

[記事監修者]池上政之(プロタイムズ総研現場革命部)
池上政之
プロタイムズ総研現場革命部課長。一級塗装技能士。塗装職人としての実績が豊富。関連企業としての関わりからプロタイムズ総研へ入社。現場をまとめる役割も担っている。
なお、プロタイムズ総研には多数の一級塗装技能士が在籍しておりますのでよろしければご覧ください。
外壁補修
パテは使い所を間違えるとほぼ確実に割れてしまいます

凸凹をなくすのに役立つパテ 隙間を埋めたり補修するのに使うパテには室内用と屋外用があるのですが、一般的には湿気のない屋内、内装工事で使われる […]

タイル塗装
タイルも色合わせをしてお客様のご要望に応えます

既存のタイルに新しいタイルの色を合わせる タイルは元々完成品ですが、リフォームでは塗装が必要になることもあります。陶器なので、まったく同じ条 […]

ALC
ALCを塗装する際はシーリング部に気を使います

ALCはスポンジのようなコンクリート 戸建て住宅の外壁で一番多いのはサイディング、次いでモルタルです。そして最近人気が高まってきたのがALC […]

外壁塗装
塗料が乗りにくい窯業系サイディングには注意が必要です

窯業系サイディングには様々な種類がある サイディングの中で最も多く使われているのが窯業系サイディングです。リフォームを行う塗装職人にとっては […]

外壁の劣化
信頼性の高いモルタル壁にも適切なメンテナンスが必要です

かつて人気だったモルタル壁 プロタイムズ総研でもモルタルは扱いますが、工事にモルタルが使われる量は減ってきています。私の印象では、昔は扱う建 […]

デザイン塗装
デザイン塗装とは普通の塗装と異なる「ゼロから作る」イメージです

デザインを変える、あるいは既存の壁を復元するために腕を振るう デザイン塗装とは、一般塗装と異なるデザイン性の高い塗装のことです。「模様に飽き […]

削ぎベラ
コーキング・シーリングには価格より大事なことがあります

シーリングは「住宅に合ったもの」を使うことが必要 コーキング・シーリングには安価なものから高価なものまで様々な種類があります。最近ではいろい […]

コーキングガン
コーキングガンは手動の方が充填量を調整できます

手動コーキングガンはシーリングが出る量を細かく調整できる シーリングをリフォームする際は、カッターで既存のシーリングを切り、ラジオペンチで剥 […]

シーリング工事前
コーキングの打ち替え時期は早め、早めで

「ちょっと劣化してきたな」ぐらいで手を付ける コーキング・シーリングが持つ期間は10年ぐらいと言われたりしますが、実際には耐用年数の少し前に […]

ボンドブレイカー
現場の状況によってはコーキング剥がしが困難になることもあります

コーキング剥がしは手作業で行う コーキング剥がしには主にカッター、ラジオペンチを使います。カッターでシーリングの両端を切って、ラジオペンチで […]

シーリング継ぎ目
継ぎ目のシーリングは地味ながら重要な役割を果たしています

シーリングがないと建物は長く持たない シーリングでは継ぎ目の処理が重要なのですが、そもそもなぜ建物にはたくさん継ぎ目があるのか。家全体をどこ […]

シーリング工事
シーリング・コーキングの工事でまず大事なこと

シーリングとコーキング シーリング(sealing)とコーキング(caulking)は同じものだと考えて問題ありません。元々はコーク(cau […]

雨樋工事
屋根修理の火災保険利用については雨樋のことでよく相談されます

屋根修理には火災保険の「風災」が使える 屋根のトラブルでは火災保険が適用可能なことがあります。「風災」であること、屋根修理が必要になってから […]

屋根の足場
棟取り直しは瓦職人の領分、価格は工事の種類によります

板金仕事のメインは屋根工事 瓦屋根では「棟取り直し」という工事があります。取り直しとは棟を一度解体して積み直す工事のことです。私は板金専門部 […]

棟板金補修
屋根の棟板金の修理費用は貫板まで交換すると変わってきます

片流れ屋根では修理費用を抑えることも可能 棟板金の修理の依頼については、台風直後などは問い合わせが増えると思います。棟板金だけの修理依頼も多 […]

板金工事
屋根板金の浮きは二次被害に繋がることがあります

屋根板金が浮く原因の多くは「釘」にあり 屋根板金が浮く原因は風だと思われるかもしれませんが、実際には少々事情が異なります。まず、屋根の内側は […]

屋根板金加工
屋根板金は既製品を加工して施工します

板金は基本的に既製品を加工する 屋根板金はプレス加工で作られた既製品を現場に持ってきて、家のサイズに合わせて加工します。したがって基本的には […]

手板金加工
屋根板金の施工法「手板金加工」とは?

手作業で加工するのが「手板金加工」 板金加工にはプレス加工、精密板金、手板金加工などの種類があります。プレス加工では専用の金型を用い、精密板 […]

防水工事
防水工事の資格、1級防水施工技能士は実務経験7年以上必要です

防水工事の資格は材料ごとに分かれている 防水工事には防水施工技能士という資格があります。1級と2級があるのですが、それぞれウレタン、塩ビ、F […]

屋上防水工事
防水工事では見積もり+αの施工を心がけます

「過去の工事」の見積もりがいい加減なケース 防水工事の見積もりに関しては、「過去の工事ではこれぐらいの金額でできたのに」ということを言われる […]

屋上防水工事
防水工事の耐用年数は条件によって変わります

ウレタン防水の耐用年数は10〜15年ぐらい ウレタン防水の耐用年数(寿命)は10〜15年ぐらいでしょうか。少し色褪せてきたり、場合によっては […]

1 2 3 4

「本当の外装リフォーム」に出合う本
最高品質の名工たち一級塗装技能士
ここまでやります!外壁・屋根診断
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。