桜

春は塗装の繁忙期

年が明け、大寒が過ぎ、2月の節分をすぎると、徐々に気温も上がり春に向かっていきます。気温の上昇につれて人々の活動も活発になってきます。外壁塗装、屋根塗装においても真冬に比べれば施工はしやすくなってきます。

冬の外壁塗装、屋根塗装でお伝えしたとおり、霜などがなければ安全性の確保もしやすいですし、塗装開始のタイミングに神経質にならなくても大丈夫です。段取りもしやすく1日で塗装できる面積も広くなります。業者としても春は稼ぎ時となります。

お施主様も春に合わせて外壁塗装、屋根塗装を計画する方も多いです。早い方だと前年の秋ごろから検討をはじめられるようです。絶対に春までにという方はやはり1月、2月頃から検討を開始しないと間に合わなくなります。時期にこだわりがなければ春のタイミングで検討をはじめるのは良いです。先に述べたように業者も春のシーズンに合わせて販売促進をしているのでチラシやイベントなど情報収集がしやすくなるからです。

春と秋は塗装のシーズンと言われています。業界全体で見ると塗装をする方が増えます。様々な業者と出会う機会が増えますのでお施主様としては業者選びの正しい基準をもつことが大事です。

見積をたくさんとっても「失敗しない」とは限らない

それでは、業者選びの正しい基準とは何でしょうか? 人それぞれ判断基準があると思います。リフォームの本には最低3社以上見積を取ることという基準が書かれていたりします。間違いではないのですが外壁塗装ではそれだけでは足りません。

何を基準に業者選びをしていますか?
感情的な部分を重要視される方もいると思います。「営業マンが気に入った」「親しい人に紹介してもらったから」「ここまでしてもらって悪いから」そんな理由で業者を選ぶ方もいると思います。 客観的なデータで選ぶ方もいると思います。「耐久年数が1番長い塗料を扱っているから」「一級塗装技能士の資格を持っているから安心だ」「アフターフォローの制度がきちんとしているから」こんな選択基準もあると思います。
施主様と撮影
その見積もりの金額は適正ですか?
ここに費用のことが加わるのでさらに判断基準を持つことが難しくなります。また、良い業者を選んでいるつもりが見積を取ることが目的となり、いつしか価格で業者選択をしているということが多く見受けられます。もちろん費用は大事です。安くない買物をするわけですから、誰しも少しでも安いほうがいいと思うのは当然です。
施主様と撮影

しかし、ここに大きな落とし穴があることはほとんどの方が知りません。その落とし穴とは何か? 同じ基準で比較検討をしていないということです。では、同じ基準とは何か?

それは塗装する面積です。

塗布面積に合致する塗料缶数でしょうか?
建坪でのざっくりと出された見積もりや塗装一式でのどんぶり勘定の見積もりは論外です。施工面積で積算された見積でなくてはいけません。ところが、何社か見積をとってみると施工面積がバラバラということがよくあります。このバラバラの面積で比較検討しても安い、高いといった判断はできません。
現場職人

何故面積が必要かというと面積がわかってはじめて塗料の量が決まるからです。塗料の量が決まってはじめて発注する塗料の缶数が決まります。塗料の量が大事なわけは適切な量を塗布しないと塗料の性能が発揮されないからです。これが俗に言う不良施工になるわけです。

塗料が足りなくなればそもそも塗れないんだから大丈夫でしょ?

塗料を薄めて塗装していませんか?
そう思われるかもしれませんが、ここに塗装の厄介なところがあります。塗料は薄めたり、薄く塗ったりすることができるのです。しかも仕上がりは正しい量を塗布した仕上がりと変わりません。薄く塗った分早く乾く(硬化する)ので作業も早くすすむのでお施主様としては早く済んで助かった。腕のいい職人さんだなんてことになりかねません。実は塗料が足りなくなった場合のこういった対応は日常茶飯事のように現場では行われています。
現場職人

正しい量を塗布しなければ耐久年数が落ち、早く色あせしたり、すぐに剥がれてきたりと数年後に不具合が発生します。こういった自体の根本原因は見積もりの段階で正しい面積がわかってないので起きるわけです。

塗装で失敗しないための第一歩とは?

ここまで話してしまえば塗装で失敗しないための第一歩とは自分の家で塗装をする外壁や屋根の面積を知ることだということがわかっていただけたと思います。そうしないと同じ基準で見積もりを比較検討したり、正しい施工で適切な塗布量を確保したりということができなくなります。一度塗装の一連の流れを見てみましょう。

  1. 現地調査(診断)
  2. 見積り作成(概算)
  3. 見積り提出(契約)
  4. 施工開始
  5. 完工

正しい施工面積を知るには新築を立てた時の図面があることが1番良いです。それがない場合は現地調査と見積作成が大事です。現地調査は有資格者が行うことが望ましいです。見積作成においてはCADを使って積算することで施工面積を積算することができます。

立面図

正確な施工面積があるからこそ適切な塗料の量がわかり、それを反映した見積もりが出来上がるわけです。 ポイントとしては以下になります。

  1. 有資格者による現地調査(診断)
  2. その調査に基づいたCADによる積算で正確な施工面積を知る
  3. 施工面積に基づいた適切な量の塗料での見積もりをもらう

正確な面積を知った上でそれをベースに各社に見積もりを取ることができれば比較検討もしやすいです。外壁塗装、屋根塗装では「正確な面積を知る」という第一歩からはじめることをオススメします。

無料で屋根外壁のビデオ診断を行います
診断依頼はこちら
「本当の外装リフォーム」に出合う本
最高品質の名工たち一級塗装技能士
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。