塗装写真

塗り替えの時期を決めるのはお家自身です

「家を建ててもう10年。そろそろ塗り替え時期かなあ。」
「お隣さんが塗装をやってるんだ。うちもそろそろやらないといけないな。」
こう思っていたら間違いであることを認識してください。建物は家の中の構造も外側の材質も全て異なります。また建っている場所も違うので、劣化状況も千差万別です。一つたりとも同じ状況にありません。にも関わらず何となく塗り替えの時期を決めているケースが非常に多いといえます。

塗り替えの時期を決める根拠
  1. 美観・景観
    見た目が綺麗かどうかはわかりやすい指標です。ただしそれが全てではありません。
  2. 屋根の状態
    普段目にすることがあまりない屋根の上。実際にみてみると瓦がひび割れていたり、劣化によりコケがこびりついているときは判断基準となります。
  3. 外壁の状態
    外壁にひび割れがある、チョーキング(塗装が落ち指につくこと)が起きている場合は根拠となりえます。

ご自身でわかるところもあれば、屋根の上など中々見れない場所もあります。こういった劣化状況を確認するために建物を診断してもらうことができます。

診断でわかること
  1. 塗り替え時期
    お家にとって塗り替えをするべきか否か判断がつきます。
  2. 塗装以外の選択肢の判断
    診断で雨漏りが見つかった場合の防水工事。これは塗装業者にはできません。また棟板金の修理や屋根の葺き替え工事の場合は板金屋の出番です。昔の瓦屋根は重量が重く地震のときに倒壊する危険性もあります。状況によっては軽量の屋根に葺き替えることもありえます。こういった判断は専門知識がないとできるものではありません。

塗装の勝手判断は後々やり直しの原因にもなります。1回で済んでいたのに余計な費用を負担することに繋がります。普段からお家の劣化状況を把握しておけば適切な時期を見極めることができます。

「安い!!」で施工を依頼すると…
手抜き施工・不良施工となる原因
「本当の外装リフォーム」に出合う本
最高品質の名工たち一級塗装技能士
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は約10,000件の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。