散水試験写真

塗装で雨漏りは止まりません

「雨漏りをしているから塗装で止める」一時的には止まるかもしれませんが、再び雨漏れが発生する可能性があります。雨漏りの原因は千差万別、多種多様。マニュアル化できるものではありません。屋根の棟板金の浮きかもしれないし、スレート瓦の隙間から侵入し外へ出られずに家の中に浸み込んだかもしれません。外壁のひび割れ(クラック)の可能性もあります。また一つとは限らず複数の箇所が原因ということもあります。根本原因を解決せずに塗装をしても応急処置にしかなりません。

雨漏りの原因を特定し解決する手段
  1. 様々な仮説を立てて検証する
    雨漏りの原因は一箇所とは限りません。現状をお聞きした上で様々な場所・状況で仮説を立てます。
  2. 目視確認
    立てた仮説を検証するために目視で現場を確認します。これは建物内部・外部両方です。また1箇所でなく複数箇所が雨漏りの原因の可能性があるので建物を全てチェックします。
  3. 散水試験で検証する
    目視で診断した結果を元に雨漏りを再現する散水試験を行います。昔からある地道な手法ですが、雨漏りは再現しないことには原因究明ができません。
実際に確認した雨漏り事例
  1. パラペットのつまり
    樋を隠すパラペットが雨を流す機能に欠陥があり、葉っぱがつまり内部へ溢れ出していました。
  2. 外壁のひび割れ
    外壁表面ALCの目地部分から水が侵入しました。たった5cm程度のひび割れが原因でした。
  3. 窓下のひび割れ
    窓の下にできたひび割れが原因でカビ・コケ・ナメクジまで発生。しかも築7年の住宅です。

このように見た目には小さなひび割れがお家にとっては致命的な問題を引き起こす原因にもなりえます。重ね重ね言いますが、雨漏り対策で塗装をしても根本解決にはなりません。

雨漏り防水工事についてはこちらもご覧ください
雨漏り防水リフォーム工事について
ご近所さんが塗装をしているから…
塗り替えの時期を決めるのはお家自身です
「本当の外装リフォーム」に出合う本
最高品質の名工たち一級塗装技能士
府中店7周年キャンペーン
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は約10,000件の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。