スレート屋根とタイルの調査を行いました。|東京都練馬区大泉町I様邸

施工5年後

こんにちは。プロタイムズ総合研究所の横山です。

今回は、東京都練馬区大泉町のI様邸に調査へ伺いました。築26年のI様邸は、5年前にプロタイムズ総合研究所で屋根と外壁の工事を行っています。今回は、「施工から5年経過し、塗装の剥がれなどがないか確認してほしい」というI様のご依頼で調査にお伺いしました。

 

屋根はスレート屋根「アーバニー」を使用

最初に担当者がルーフカメラで屋根の調査を行います。I様邸の屋根は、スレート屋根で「アーバニー」という屋根材でした。この屋根材は、クボタ松下電工という会社が開発したものです。四角形の屋根が一枚一枚組み合わされて形成されています。この「アーバニー」は、薄い材質のため、屋根と屋根の間に隙間を作るためのタスペーサーは使用しません。その代わり、ハケで「アーバニー」の継ぎ目だけを最初に塗ったり、施工後に縁切りをするなどして屋根材同士の接着を防ぐのです。I様邸の屋根は、5年が経過したとは思えないほど光沢があり、塗料の退色や塗膜剥離などもありませんでした。

 

玄関に使われたタイルとレンガの違い

次に担当者は、外壁の調査を行いました。外壁はモルタルで、タイル吹き仕上げになっています。これは、モルタルの下地に下塗りをしたあと、主材を吹き付けてからローラーやコテなどで表面に模様を作る工法です。I様邸の外壁では、盛り上がった部分を「ヘッドカット」していました。外壁も美しい仕上がりで、チョーキングやクラックなどの劣化は見つかりませんでした。次にI様邸の玄関周りを調査しました。玄関周りには外壁タイルが使われていました。一見レンガに見間違いそうになる外壁タイル。レンガとタイルの違いはなんでしょうか?

タイルは、薄い板の形をしています。I様邸では陶器のタイルを使用していました。一方でレンガはブロックの形をしています。レンガの作り方は、粘土や砂、泥などを型に入れて焼き固めてできています。塀や建築物の壁の構造体として使用するレンガは、レンガの継ぎ目にモルタルを埋めて積み上げていきます。反対に外壁タイルの接着方法は、おおまかに「乾式工法」と「湿式工法」があります。「乾式工法」の中には、「引っ掛け工法」と「接着剤貼り工法」というものがあります。「引っ掛け工法」とは専用のボードに凹凸があり、そこにタイルをはめていく工法です。また「接着剤貼り工法」は、窯業系サイディングを下地として専用接着剤で直接タイルを貼っていく方法です。実は「湿式工法」にも複数のやり方があります。例として「手張り工法」は、モルタルの上にタイルを貼り付けていく工法になります。

サイディングボードなど簡単に施工できる外壁に比べ、外壁タイルは一枚一枚手作業であり重厚感があるため、物件の外観に高級感をもたせることができます。またタイルは汚れや傷に強く、耐久性が高いのもメリットです。タイルは劣化するとタイルが浮いてきたり、剥がれや落下などが起きてきます。タイルの浮きは、職人がタイルを棒で叩きながら音で判断します。

 

担当者からの調査報告と施主様からの声

屋根や外壁にも異常がないことが調査でわかり、I様へ報告しました。I様は「よかった」と安心したご様子です。

I様「以前は他の会社で塗装したんですが、塗装後すぐに異常があったことがわかって。修理を依頼したのに、やってもらえなかったんです。安かろう悪かろうが一番よくないなと思って、今度お願いするところは、ちゃんとやってくれるところにしようと思っていました。そしてプロタイムズ総合研究所でいろいろお話しを聞き、こちらで決めました。」

横山「施工後から今日まで、気になったことや気づいたことはありますか?」

I様「気になったところは特にありませんでした。施工から今までも満足していますね。工事期間中も、その都度メモや報告とかもしてくれて。今までそんな経験がなかったから驚きました。メモのご返信も気持ちよく感謝しながら書きましたね。」

[取材者]横山あかね(広報)
横山あかね
プロタイムズ総研の元気な広報スタッフ。皆様にプロタイムズ総研の日常の活動をお伝えいたします。
プロタイムズ総研の施工技術について詳しく知りたい方は正しい塗り替え勉強会(施工現場見学会)へご参加ください(無料)。
「本当の外装リフォーム」に出合う本
最高品質の名工たち一級塗装技能士
ここまでやります!外壁・屋根診断
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。