雨樋に詰まりや破損がないか調査しました|東京都練馬区谷原 K様邸5年

施工5年後

こんにちは。プロタイムズ総合研究所の横山です。今回調査に伺ったのは、東京都練馬区谷原にあるK様邸です。K様邸では5年前にプロタイムズ総合研究所で屋根と外壁の塗装を行いました。

先日、通りすがりの人に「2階の屋根の樋が曲がっていますよ。」と指摘をうけたK様。K様は目視で確認しましたが、自分では雨樋が曲がっているのか問題がないのか判断ができませんでした。「もしかしたら、雨樋に葉っぱやゴミが溜まって傾いちゃったのかな〜。」と思ったK様。念のため、プロタイムズ総合研究所に相談することにしたのです。こうして今回、担当者が調査に伺いました。

 

(ルーフカメラを使ってK様邸の屋根を雨樋を確認する)

 

担当者は早速ルーフカメラを使って屋根の調査を行います。K様邸の屋根はグレーのスレート屋根です。塗料は、油性のものを使っているため表面はピカピカとしています。太陽光が反射してツヤがあるのがわかります。そして屋根自体に目立った異常はありませんでした。

(グレーのスレート屋根)

次に北側の雨樋を確認しました。雨樋の中は綺麗な状態で何も詰まっていません。次に通りすがりの人に指摘を受けたという南側の雨樋を確認します。

「ちょうどこの雨樋のすぐ前には巨大な落葉樹が立っているので、その葉っぱが雨樋の中に落ちて水がたまっているのかも・・・。」と心配そうに語るK様。

しかし実際にルーフカメラで覗いてみると雨樋の中には、わずかに葉っぱは落ちていますが詰まっている様子はありません。おそらく一度葉っぱが雨樋の中に落ちても、強風などで飛ばされていったのでしょう。風で運ばれた砂が雨樋のはじに付着していましたが、雨樋の詰まりの原因になるほどのものではありません。雨樋自体も異常に傾いているという現象もありませんでした。

(K様邸の横樋)

そもそも屋根に沿って設置されている横樋は、あえて多少の傾きをつけて設置しています。たとえばお家を正面にみたとき、横樋の右の方は少し高くて、左側はやや下がり気味。横樋の高さに差を作って傾きをつけることで滑り台のように横樋の水が右から左へと流れていく仕組みなのです。

要注意なのは・・・。横樋がなんらかの圧力によって、屋根側あるいは家の外側に向かって傾いていまった場合。または、横樋を支える支持金具が外れたり樋が割れてしまうこと。たとえば屋根に溜まった雪が滑り落ちる際に横樋にぶつかって破損したり、台風などでこのようになることもあります。

またK様邸では問題なかったものの、「枯葉やゴミの詰まり」も気をつけたいポイントです。横樋が詰まると、水の流れが悪くなります。本来なら集水器から水が下に流れ落ちていくところが、途中で水が溢れて、バシャバシャッと軒先に水が落ちてくることも。家の周りに自然が多い環境の場合は、雨樋の詰まりを防ぐために「雨樋用落ち葉防止ネット」などを雨樋に取り付けると安心です。

(K様邸のサイディングボード)

次に外壁の調査を行います。K様邸の外壁はベージュ色のサイディングボードです。K様邸は、屋根・外壁・樋ともにとても調和がとれた西洋風のオシャレでかわいらしいお家。また天窓や出窓もなくシンプルな構造なので家自体にトラブルが起きる可能性は少ないといえます。サイディングボードも剥離やチョーキングなどの劣化現象は見られずとても綺麗な状況でした。

K様邸の雨樋は白色でとても可愛らしいですが、薄い色だと雨筋が目立ってしまう傾向があります。外壁や雨樋の汚れを綺麗に落とすには、意外にも食器用洗剤などの中性洗剤が有効です。(酸性・アルカリ性の洗剤やクレンザーが入った洗剤は外壁を傷つけたり変色してしまう恐れがあるので注意しましょう。)ホースなどの水で土や誇りの汚れを洗い流したあとで、中性洗剤を少々スポンジに含ませて優しくこすりましょう。心配なかたは外壁の端っこから落としてみるなど、ちょっとずつ試してみるといいかもしれません。タワシなどの硬いもので拭くと外壁の劣化につながります。スポンジや柔らかい生地の布で拭きましょう。洗剤でこすった後は、必ず水洗いで洗剤を綺麗に洗い流しましょう。洗剤が残っていまうとその部分が白くなってしまうなど変色が起きる可能性もあります。

最後に担当者がK様に調査の報告をしました。K様が特に心配していた雨樋の傾きや詰まりもなかったことがわかり、ほっとした様子のK様。K様邸が築10年を迎えた頃、「そろそろ塗装する頃かな。」と思って塗装会社を探していたそうです。そんなときK様はプロタイムズ総合研究所を見つけました。

K様「プロタイムズ総合研究所に依頼したのは、塗装のやり方や説明が丁寧で全部開示してくれたから。誠実だなと思ったのが決めてです。」

プロタイムズ総合研究所で行った施工から5年が経過した今、K様はどんな気持ちで暮らしているのか質問をしてみました。

K様「5年前と比べても、今満足しています。雨漏りもないし、塗装が剥がれたこともないですし。もしなにかあっても、今回のように相談して早めに結果がわかるから安心です。なんでも早いうちにみてもらって早期発見が大切ですよね。」

 

 

[取材者]横山あかね(広報)
横山あかね
プロタイムズ総研の元気な広報スタッフ。皆様にプロタイムズ総研の日常の活動をお伝えいたします。
プロタイムズ総研の施工技術について詳しく知りたい方は正しい塗り替え勉強会(施工現場見学会)へご参加ください(無料)。
「本当の外装リフォーム」に出合う本
最高品質の名工たち一級塗装技能士
ここまでやります!外壁・屋根診断
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。