スレート屋根とタイルの外壁調査を行いました|東京都練馬区石神井台W様邸

施工5年後

 

こんにちは。プロタイムズ総合研究所の横山です。

今回は練馬区石神井台にあるW様邸に調査へ伺いました。W様邸は、築22年の木造住宅です。お家の正面には立派なコンクリートの柱が数本たっており、とても重厚感があるデザインでした。W様邸では、5年前に屋根と外壁の塗装をプロタイムズ総合研究所に施工しています。今回はW様からの依頼で、屋根と外壁の調査を行うことになりました。

(シンプルな形をした切妻屋根のW様邸)

早速、担当者がルーフカメラで屋根の調査を行います。W様邸の屋根材はスレートです。色は濃い緑色でした。屋根の形は「切妻屋根(きりづまやね)」といって、2つの面の屋根が組み合わさっているだけのシンプルな形をしています。ちなみに雨樋が取り付けられていない面を妻側(つまがわ)や、ケラバといいます。切妻屋根の特徴としては、構造が単純なので雨水が流れやすく、雨漏りのようなトラブルが比較的少ないことが挙げられます。さらに屋根が三角形になるので、家の内側は高さの違いがあります。そのため風が通り抜けやすく換気のしやすい住まいになるそうです。切妻屋根はシンプルな形なのでいろいろなデザインに馴染みやすく、和風や洋風などのテイストにもぴったり合いますよ。

(ルーフカメラから確認した、屋根に3つ並んだトップライト)

さて、W様邸の屋根にはトップライトが3つ付いています。トップライトとは、屋根に取り付けられる天窓のことです。太陽光がよく当たる屋根から光が差し込むので、部屋の中はとても明るくなります。デザイン的にもおしゃれですし、隣の家との距離が近くて日陰になりやすい立地の建物には有効な採光方法です。ただしトップライトは経年劣化とともに雨漏りをする危険性が高まります。大雨の日にはトップライトの周辺などに異常がないか、床が濡れていないか確認するようにしましょう。

W様「今のところトップライトから雨水が垂れているということはないです。場所は違いますが、1階の出窓のところから水がポツン、ポツンと垂れる音が聞こえることはあります。実際に濡れているということではないのですが、少し心配ですね。」

実は、出窓も雨漏りに注意したい場所の一つです。経年劣化で、出窓を設置している部分と外壁の間にすき間ができて雨漏りすることがあります。屋根と同じく、家の構造はシンプルな形の方がトラブルは起きづらく、反対に構造が複雑になっている部分は雨漏りなどのトラブルが起きやすいので、定期的に確認するといいでしょう。担当者が「何か異常があったらいつでも連絡ください。」とお伝えすると、W様は安心したご様子でした。

(W様邸の外壁はタイル)

次に外壁の調査を行いました。W様邸の外壁はタイルでした。タイルとタイルの間には、目地といって隙間があります。そこにセメントなどの目地材が入っています。経年劣化すると、この目地にひび割れなどが生じることもありますが、W様邸のタイルはとても綺麗でした。

 

(門扉の横にある湿気がたまりやすい箇所で起きた白華現象)

 

お家の外壁ではありませんが、植栽が植えてある門扉の横のタイルが一箇所だけ白くなっているのを発見しました。これは、白華現象(エフロレッセンス)といいます。コンクリート、モルタル、タイルなどには、水酸化カルシウム(アルカリ性)が含まれています。これがタイルに侵入した雨水や雪に溶けて表面に出てくるのです。すると空気中の二酸化炭素と反応し「炭酸カルシウム」に変化します。これらの症状が発生しやすいのは、秋の長雨や、雪の降る冬、梅雨の時期などです。比較的気温が低くて、雨や雪などの影響で湿度が高くなっている季節に多いのです。

(W様邸の門扉の両側のタイルに生えたコケ)

W様邸の門扉の両側には植栽がありコケも生じています。おそらく湿気がたまりやすい場所だったため、この白華現象が起きたのだと考えられます。ただこの白華現象が起きたからといって早急に修理が必要というわけではありません。製品や施工上の欠陥ではなく、耐久性が低下してしまう事はないからです。また白華現象は除去しなくても、時間はかかりますが少しずつ雨に流されて消えていきます。

最後に担当者がW様に調査結果を報告すると安心したご様子のW様でした。担当者が、プロタイムズ総合研究所を利用した感想を聞いてみると嬉しい感想をいただきました。

「施工から5年経過しましたけれど、今も満足しています。外から見ても外壁は汚れていないし。それに施工後も定期的に来てくれるし、丁寧に見てもらえるという印象がありますよ。」と語りました。これからもW様の大切なお住まいに安心して住んでいただきたいですね。

[取材者]横山あかね(広報)
横山あかね
プロタイムズ総研の元気な広報スタッフ。皆様にプロタイムズ総研の日常の活動をお伝えいたします。
プロタイムズ総研の施工技術について詳しく知りたい方は正しい塗り替え勉強会(施工現場見学会)へご参加ください(無料)。
「本当の外装リフォーム」に出合う本
最高品質の名工たち一級塗装技能士
ここまでやります!外壁・屋根診断
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。