雪止めと雨樋の調査を行いました|東京都練馬区東大泉O様邸

施工5年後

 

こんにちは。プロタイムズ総合研究所の横山です。今回は、練馬区西大泉にあるO様邸に伺いました。築22年のO様邸では、5年前にプロタイムズ総合研究所で屋根と外壁の塗装を行いました。今回はプロタイムズ総合研究所で交換した雪止めや雨樋の状態の調査に伺いました。

(築22年のO様邸。5年経過したが付帯部はツヤがあり綺麗な状態)

 

担当者がルーフカメラを使ってO様邸の屋根を確認します。屋根材はスレート屋根で、色は濃いグレーです。屋根の南側の方には多少色が褪せた部分がありましたが、機能的には問題がありません。よく太陽の光があたる南面は、劣化がすすみやすい場所です。

(ルーフカメラで確認した屋根の様子)

この屋根の先端部分、交互についている突起が雪止めです。この雪止めは、5年前にプロタイムズ総合研究所が新しく交換したものです。雪止めとは、屋根に積もった雪がすべり落ちないようにするために雪を引っ掛けるためのものです。雪止めによって形は異なりますが、O様邸の雪止めは「く」の時に曲がったフックのような形の雪止めでした。

O様「もともと付いていた雪止めは、角度が悪かったみたいです。雨になると溜まった水が勢いよく落ちてきたり、水はけが悪くて。あと大雪のせいで雨樋も曲がってしまったり。これは直さないとだめだなと思ってプロタイムズ総合研究所にお願いしました。」

こうしてプロタイムズ総合研究所で、屋根の雪止めや雨樋を変えることになったのです。施行から5年が経過した雪止めは、今も問題なく機能しています。そして雨樋も綺麗な傾斜のため、スムーズに雨や枯葉なども流れているようです。雨樋の詰まりもなく問題ありませんでした。

 

(綺麗に施工されたサイディングボードとシーリング)

次に外壁の確認をします。外壁はサイディングボードです。南面の外壁のツヤは少し落ちてきているものの、とても綺麗な状態でした。サイディングボードの継ぎ目部分には、ゴム状の材料であるシーリングを打ちます。シーリングは、しっかりと溝の奥まで入っていて綺麗な直線を描いています。美しい仕上がりです。シーリングの打ち方一つで職人の技術の高さがわかるのです。

 

(外壁には雨水が垂れたあとが残っている)

外壁には、雨があたった跡が多く見られました。なぜだろうと不思議に思って担当者にたずねてみると・・・。

担当者「上を見てください。O様邸の軒天はとても狭いですね。この形状は比較的めずらしいです。軒天(のきてん)の幅が短い分、激しい雨だと雨水が直接壁にあたるのだと考えられますね。」

(屋根の裏側の部分が軒天。O様邸の場合、軒天がほとんどない)

軒天(のきてん)とは、外壁から外に突き出している屋根の裏部分のことです。ほかには、「軒裏(のきうら)」「軒天井(のきてんじょう)」「軒裏天井(のきうらてんじょう)」という呼び方もあります。外壁や屋根と同様に、軒天も雨風や紫外線にさらされています。年月が経てば劣化していきます。

屋根の異常は、この軒天に症状があらわれることも多いです。たとえば屋根に雨水が入り込んでしまって下地材が傷むと、この軒天まで湿ってしまいます。すると軒天に染みのようなものができたりするのです。普段、私たちは自分の家の屋根を目視で確認することはできませんが、この軒天なら見ることができますね。たまに軒天を見上げて屋根に異常がないか確認してみましょう。もし軒天に染みがあるなど変化があればプロタイムズ総合研究所に相談してみてくださいね。

(外壁に設置されている外部電源)

さて、調査を続けていると外壁にこのような小さな箱が付いていました。これはいったいなんでしょう?

担当者「これは外部電源です。」

外で使うための電源が設置されていました。塗装会社もこれを利用させていただくことがあります。たとえば外壁の塗装工事の際は、塗料を攪拌(かくはん)したり、清掃をするにあたり電動工具を使うことも多いのです。「塗装会社しか使えないの?」と疑問に思う方もいると思います。決してそんなことはありません。

自分の家で外部電源を使うのはどんな場面でしょうか?

たとえば・・・。

洗車する際の掃除機

高圧洗浄機の利用

クリスマスのイルミネーション

などがありますよ。せっかくなのでぜひ使ってみるといいですね。

 

最後に、担当者がO様に調査結果を報告をしました。5年が経過した今もお家の状態に問題がないことがわかりO様はほっとしたご様子です。

「ほかの塗装会社で過去に2回塗装しましたが、どれも3年もたないうちに塗装が剥離してしまったんです。そのため5年前に会社を変えようと思ってプロタイムズ総合研究所でお願いしました。プロタイムズ総合研究所で施行してもらったことでとても立派な仕上がりになりました。5年経った今も満足しています。プロタイムズ総合研究所が一番しっかりしていますね。みなさん良い職人さんで丁寧に行ってくれました。きてくれた職人さん全員覚えていますよ。」とO様は語りました。

 

[取材者]横山あかね(広報)
横山あかね
プロタイムズ総研の元気な広報スタッフ。皆様にプロタイムズ総研の日常の活動をお伝えいたします。
プロタイムズ総研の施工技術について詳しく知りたい方は正しい塗り替え勉強会(施工現場見学会)へご参加ください(無料)。
「本当の外装リフォーム」に出合う本
最高品質の名工たち一級塗装技能士
ここまでやります!外壁・屋根診断
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。