スレート屋根に塗膜剥離がないか調査しました|東京都武蔵野市関前 I様邸

施工7年後

こんにちは。プロタイムズ総合研究所の横山です。

今回は、武蔵野市関前にあるI様邸に伺いました。築20年の I様邸。7年前に、初めての外壁と屋根の塗装をプロタイムズ総合研究所で行いました。今回は、「7年が経過した今、屋根がどうなっているか知りたい」というI様からのご依頼で伺ったのです。I様邸の周りは閑静な住宅街で、四方は他のお家に囲まれている立地です。

「隣のお家は、数年前まで畑だったんです。それまでは向こうの道から、北側の屋根の上が見通せたのでなんとなく屋根の様子を目視で確認していたんですけど。隣のお家が建ってからは屋根の上が見えなくなってしまって。7年も経過したし、屋根が今どうなっているか気になっていたので・・・」と語るI様。

早速、担当者がルーフカメラで屋根の確認を始めました。I様邸の屋根材は「スレート屋根」です。「スレート屋根」にもいくつか種類がありますが、その中でも「化粧スレート」が使われています。これは、厚さが5~6mmの薄いセメントの屋根材です。重量的にも粘土瓦の半分程度で、とても軽いのです。軽い屋根材を使えば、建物への負担が少なくて済みます。そして耐震性が向上します。また施工が比較的容易なことから、複雑な形の屋根にも対応できるのがメリットです。I様邸の屋根も他方向から入り組んでいる珍しい屋根の形をしていました。さて、塗装をしてから7年目も経過すると徐々に劣化は進んでいくものですが、I様邸の屋根はとても良い状態です。多少、2階の屋根に退色している部分が見えましたが、塗膜が剥離しているなどの症状はなく機能的に異常がありませんでした。

ちなみに、なぜ経年劣化をすると退色つまり色あせなどの症状が出てしまうのでしょうか?その原因は紫外線にあります。人の体にも悪影響を及ぼす紫外線は、建物にも影響を及ぼしています。紫外線には色の分子を分解する作用があり、長時間紫外線に晒されてしまうと色あせなどの影響がでるのです。そしてI様邸の場合、その紫外線がより強く当たる上層の屋根の一部に色あせの症状が出ていたのです。

I様に屋根の状況を報告したところ、とても安心したご様子でした。塗装を依頼した7年前、プロタイムズ総合研究所の他に二社ほど検討していたI様。その中で、なぜプロタイムズ総合研究所を選んだのか理由を尋ねると「塗料の質や職人の技術も高いし、今回のように調査をしてもらえたりアフターフォローもしっかりしていたので。相対的に検討して決めたんです」と語りました。

次に、担当者は外壁の確認をしました。I様邸は四方を他のお家に囲まれている立地です。他のお家に囲まれているというメリットは、直射日光を受けにくいため紫外線による外壁の劣化がすすみにくいところです。反対にデメリットになりやすいのが、日が当たりにくいため湿気がこもりやすいところです。湿気がこもると、外壁にコケが生えやすい環境になります。そしてお家の周りに植栽があると、ますますコケが生えるのを助長してしまいます。しかしI様邸の場合は、土地面積に対して余裕をもった建て方をしていました。建物の周りは、大人一人が余裕で通れるくらいの空間があるので風が通りやすい状況だったのです。また新築当時に生えていた植栽も風の通りをよくするためか、根元から伐採されていました。

そのためI様邸の外壁にはコケがほとんど付着していません。コケがたくさん生えやすい北側の外壁でさえも、部分的に薄く緑色のコケが生えている程度です。またクラックやチョーキングなどの劣化もなく、外壁は大変綺麗な状態でした。

ただI様は、部分的に生えていた北側のコケが少し気になっていたご様子でした。「高圧洗浄機を買ったんですけど、まだ掃除ができていなくて。高圧洗浄機で掃除をして大丈夫ですか?」と質問されました。

そもそも高圧洗浄機とはなんでしょうか?高圧洗浄機とは、水に高い圧力をかけて強い水流をつくることで、水圧と打撃力で汚れを落とす装置のことです。装置によっては冷水で落とすものと温水で落とすものがあります。水圧で汚れが落ちていくので、基本的には洗剤要らずです。よくホースでチョロチョロと水を出して掃除をしたりしますが、それと比べると高圧洗浄機の方が水の使用量が少なく済み、手早く掃除ができるというメリットがあります。高圧洗浄機は、ブロックやコンクリートなどの奥に染み込んだ頑固な汚れも落とすこともできます。また用途も幅が広く、外壁を始め、家の周りの洗浄、ベランダ、浴室、ウッドデッキ、自転車、車の洗車などにも使うことができるので、各家庭に一台あると大変便利な道具です。ただし水圧が強いので、使用する際に水を一点に集中して壁に当ててしまうと塗膜が痛んだり塗膜剥離の原因にもなってしまう恐れもあります。水を一点に集中させずにシャワーのように分散させるといいです。高圧洗浄機の使い方を担当者から聞いたI様は、「今度試してみます」と納得したご様子でした。最後にI様邸の外壁の様子をご報告して、調査は終わりました。

 

[取材者]横山あかね(広報)
横山あかね
プロタイムズ総研の元気な広報スタッフ。皆様にプロタイムズ総研の日常の活動をお伝えいたします。
プロタイムズ総研の施工技術について詳しく知りたい方は正しい塗り替え勉強会(施工現場見学会)へご参加ください(無料)。
「本当の外装リフォーム」に出合う本
最高品質の名工たち一級塗装技能士
ここまでやります!外壁・屋根診断
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。