ルールカメラで屋根と外壁シーリングを確認しました|神奈川県川崎市高津区梶が谷M様邸

施工5年後

神奈川県川崎市高津区梶が谷M様邸

こんにちは。プロタイムズ総合研究所の横山です。
今回は、川崎市高津区梶が谷のM様邸に伺いました。

M様邸は、築15年の戸建住宅です。
築10年を過ぎた頃に外壁塗装を考えていたM様。5年前、プロタイムズ総研で外壁と屋根の塗装を行いました。

ルーフカメラで撮影

まずは担当者がルーフカメラを用いて屋根の確認をします。屋根は、塩ビ被覆鋼板というものでした。略して塩ビ鋼板。
塩ビ鋼板は何かと言うと…金属板を保護するため、塩化ビニル樹脂のシートで表面をカバーしているものです。
塩ビ鋼板はメンテナンスの必要がないため、ハウスメーカーでは多く使用されているのです。

メンテナンスの必要がないとはいえ、経年するにつれて表面は劣化し色褪せてきます。
ただ、色褪せたから直に塗装して良い素材ではありません。

なぜなら塩ビ鋼板には、多くの「可塑剤」が含まれています。(可塑剤とは、酸とアルコールから合成されるものでプラスチックを柔らかくするために使われます)
塩ビ鋼板の上から塗料を直に塗装すると、この可塑剤が塗膜に移動してしまいます。そうすると塗膜が乾燥せず縮れたり剥がれてしまうのです。
ですから、塩ビ鋼板には専用の下塗り材を塗ってから塗装する必要があるのです。確認したところM様邸では塩ビ鋼板の異常は見られませんでした。

またM様邸には、開かないタイプのトップライトが二つ設置されていました。「開かないのだから雨漏れの心配はないだろう」とたかをくくってはいけません。
実は、開かないタイプのトップライトでも雨漏れが発生するケースはあります。それはトップライトの周りにあるシーリング部分が劣化し、そこから雨が入り込むというものです。M様に確認したところ「トップライトで雨漏れをしているのは見たことがない」とのことでしたので、まずは一安心です。

担当者は「近年は異常気象も多いので、特に雨が強い日などは気を付けてくださいね」と声をかけました。

外壁シーリング

次に外壁の確認です。外壁はサイディング外壁です。もともと石彫のようなデザインのサイディングの上から塗装をしているため、
微かに凹凸があり趣のある仕上がりになっています。こちらも大変綺麗な状況で異常は見つかりませんでした。

M様に報告

最後に施主様に質問をしました。

Q.塗装をしたきっかけはなんですか?
もともとこの辺りのお家は、同じ時期に建てられたんです。築10年を過ぎたあたりから、ご近所の方たちと
「そろそろ塗装する時期ね。どの業者にしよう」と話をしていました。

Q.塗装から5年経ちましたが、塗装をしてよかったと思うことはありますか?
塗装の仕上がりも大変満足しています。プロタイムズ総研が私の家を塗装している時、ご近所の方が職人さんの様子を
ご覧になっていたようです。評判になって次々にプロタイムズ総研で塗装されていました。ですからこの辺りのお家はピカピカで、
とても15年が経っているとは思えないんですよね。以前、お客さんが来た時も「この辺りは、新築なんですね」と言われましたよ。嬉しかったですね。

[取材者]横山あかね(広報)
横山あかね
プロタイムズ総研の元気な広報スタッフ。皆様にプロタイムズ総研の日常の活動をお伝えいたします。
プロタイムズ総研の施工技術について詳しく知りたい方は正しい塗り替え勉強会(施工現場見学会)へご参加ください(無料)。
「本当の外装リフォーム」に出合う本
最高品質の名工たち一級塗装技能士
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。