ガルバリウム鋼板の屋根を調査しました|神奈川県横浜市緑区白山I様邸

施工5年後

神奈川県横浜市緑区白山I様邸

こんにちは。プロタイムズ総合研究所の横山です。
今回は、5年前にプロタイムズ総研で施工をした横浜市緑区白山にあるI様邸に伺いました。
I様邸の外壁は、リシン仕上げです。通常リシンは粒が小さいのが特徴です。

I様邸は新築時から数回の塗装を施しているため、重なる塗料で少しずつリシンの粒が丸みを帯びてきていました。
リシンは、通気性や美観に優れています。またコストも抑えられる点が長所です。しかし凹凸が多いため、ホコリや水垢が溜まりやすいところが難点です。
さて、5年が経過したI様邸の様子はどうでしょうか。まずは外壁の調査を行います。
担当者が外壁を確認したところ、クラックや目立つ汚れなどはありませんでした。5年が経過しているとは思えないほど、綺麗な状態です。

ルーフカメラで調査

次は、ルーフカメラで屋根の状況を調査します。一見、屋根は瓦のように見えますが、瓦ではなく「ガルバリウム鋼板」という屋根材です。
鉄合金の板に金属メッキ加工が施されています。このメッキ加工のおかげで、金属であるにも関わらず錆びにくい状態になるそうです。
重量は大変軽く、日本瓦の1/6ほど。そのため耐震性にも優れています。防音性や断熱性が高く、評判な屋根材なのです。

また瓦のように凹凸が多い形状のため、雨などが流れやすいのも利点です。
I様邸の屋根の状況は良好。先月に来た台風の影響もなく、異常は見られませんでした。

I様に報告

「風に煽られて、屋根の一部が飛んでしまうことはないのですか?」と質問するI様。
担当者は、「瓦と同様、一枚一枚が止まっているので飛んでしまうことはありません。また屋根材は密接しているので、風が入り込んで巻き上げられることはないです」と説明しました。I様は安心したご様子でした。

[取材者]横山あかね(広報)
横山あかね
プロタイムズ総研の元気な広報スタッフ。皆様にプロタイムズ総研の日常の活動をお伝えいたします。
プロタイムズ総研の施工技術について詳しく知りたい方は正しい塗り替え勉強会(施工現場見学会)へご参加ください(無料)。
「本当の外装リフォーム」に出合う本
最高品質の名工たち一級塗装技能士
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は約10,000件の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。