駐車場屋根の波板を確認しました|神奈川県横浜市栄区上本郷町M様邸

施工5年後

こんにちはプロタイムズ総合研究所の横山です。

今回は、横浜市栄区上本郷町のM様邸に伺いました。
M様邸は 、5年前にプロタイムズ総合研究所で外壁と屋根の塗装を行いました。今回、当時は施工していない駐車場の屋根の波板を見てほしいと依頼がありプロタイムズ総合研究所が調査に伺いました。

M様邸の外壁は、正面はモルタル、反対側はサイディングです。M様邸は築40年。M様邸の駐車場の屋根の波板は、古いタイプのもので波板を支える柱は木でできていました。

駐車場の屋根

波板はDIYでもよく使われる素材ですが、一言で波板といってもいろいろな種類があります。
ハサミできれる塩ビ、ノコギリで切れるポリカ、電気ノコギリで切れるガルバニリム鋼板。屋根に使用する場合、一番強度・寿命ともに優れているガルバリウム鋼板の波板が人気です。台風などの強風により屋根の波板が吹き飛ばされるといった被害を防ぐため、用途にあった波板を選びしっかりと施工することが大切です。経年劣化や波板を支える木の腐食など、こまめなチェックは大切です。不安な場合は早めにプロに相談して、補強や吹き替えなどをお願いしましょう。

波板

担当者が波板を確認したところ、波板同士が重なる部分に隙間があり水が漏れているようでした。そのため、担当者がシーリングで穴を埋める作業を行いました。

M様

最後は施主様への報告です。

横山「プロタイムズ総合研究所を選んだ理由はなんですか?」
M様「そろそろ塗装する時期だなと思っていた時にプロタイムズ総研の話を聞いてお願いしようと思いました。施工後のアフターケアもしっかりしていると思い、選びました。」
横山「職人さんの様子はいかがでしたか?」
M様「真面目にやってくれてよかったです。仕上がりにも満足でした。」

[取材者]横山あかね(広報)
横山あかね
プロタイムズ総研の元気な広報スタッフ。皆様にプロタイムズ総研の日常の活動をお伝えいたします。
プロタイムズ総研の施工技術について詳しく知りたい方は正しい塗り替え勉強会(施工現場見学会)へご参加ください(無料)。
「本当の外装リフォーム」に出合う本
最高品質の名工たち一級塗装技能士
ここまでやります!外壁・屋根診断
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

求人情報

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。