塗装5年後の防水工事と外壁を調査しました|神奈川県横浜市西区伊勢町F様邸

施工5年後

神奈川県横浜市西区伊勢町F様邸

こんにちは。プロタイムズ総合研究所の横山です。
今回は、横浜市西区伊勢町のF様邸に伺いました。

F様邸では、5年前にプロタイムズ総研で、屋上防水と外壁の塗装を行いました。
以前はたばこ屋さんを営んでいたF様。店先には公衆電話が設置され、昔の名残を感じさせます。

屋上防水チェック

屋上の防水工事をしてから5年が経過しました。
「屋上に異常がないか確認してほしい」というF様の依頼で伺いました。
実際に担当者が屋上に上がり、確認します。屋上防水には様々な種類がありますが、F様邸の防水はシート防水というものです。シート防水とは、防水シートを接着剤などで下地に貼り付けていく防水工法です。

屋上には脱気筒が設置されていました。防水シートを直に貼り付けていくと、下地と防水層の間にある水分や溶剤が気化してしまい、膨れが発生することがあります。そのため、空気を逃すために脱気筒を設置しているのです。
屋上を確認しましたが、異常は見つかりませんでした。

外壁の調査

次に外壁の確認です。外壁は、ALCボードです。F様邸の立地は周りに高い建物がなく、夏は日差しが直に当たるそうです。断熱効果に優れている塗料を使用していますが、それでも2F部分は暑くなるようです。直射日光が当たる部分も丁寧に確認していきましたが、クラックなどの劣化症状は見つかりませんでした。

F様

F様邸は、築40年の重量鉄骨造。新築時から度々外壁の塗装を行なっていますが、今までは違う業者に依頼をしていました。5年前、近所の方がプロタイムズ総研で施工をしていたのがきっかけで、F様も依頼することにしました。

「他の業者さんで施工した時よりも、プロタイムズ総研の方が持ちがいいなと思いました」とF様。
「施工から5年が経過しましたが、今でも満足しています。信頼できる業者だと思う」と満足気に語りました。

[取材者]横山あかね(広報)
横山あかね
プロタイムズ総研の元気な広報スタッフ。皆様にプロタイムズ総研の日常の活動をお伝えいたします。
プロタイムズ総研の施工技術について詳しく知りたい方は正しい塗り替え勉強会(施工現場見学会)へご参加ください(無料)。
「本当の外装リフォーム」に出合う本
最高品質の名工たち一級塗装技能士
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は約10,000件の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。