塗装7年後にマンションの外壁を調査しました|東京都調布市飛田給Y様邸

施工7年後

東京都調布市飛田給Y様邸

こんにちは。プロタイムズ総合研究所の横山です。
今回は7年前に外壁塗装をした、調布市飛田給のY様邸に伺いました。
Y様邸は築30年の集合住宅です。今回は、7年を経て外壁に異常がないか確認してほしいと施主様から依頼があり、伺いました。

まずは外壁の調査から行います。外回りを確認します。集合住宅の場合見るところが多いですが離れて見たり近くから見たりしながら少しずつ周囲をまわりつつ確認します。こちらの集合住宅の外壁はモルタルです。近くに高速道路が走っているため土埃が舞い、外壁に付着して外壁が少し黒ずんで見えます。しかし外壁自体の異常は見られませんでした。「目立った汚れは落としたい」と言うY様に、担当者は汚れの落とし方について話をします。

マンション外側の調査

担当者「タワシで擦ってしまうと、塗装に傷がついたり剥離の原因になります。モルタルの場合は、目が細かいので使い古した歯ブラシなどで優しく擦るといいですよ」

外壁用の洗剤は、ホームセンターにも売っています。お家に一つでもあると便利かもしれませんね。

マンション内部調査

次にマンションの内部を確認します。外廊下の内側の塗装にも、剥離や浮きが見られないか確認をしていきます。外廊下には雨水対策が施されていました。玄関前の床の方が、外側の床の高さより3センチほど高くなっているのです。そのため雨水が入り込んでも、玄関側から外側にある側溝へ流れるようになっています。

Y様

最後にY様に質問をしました。

横山「数ある業者の中でプロタイムズ総研を選んだのは何故ですか?」
Y様「いろいろな業者さんに見積もりを出してもらいましたが、見積もりに根拠がなくどれも適当な感じがしました。プロタイムズ総研は、外壁の面積を出して細い見積もりを出してくれたので、安心できると思いました。外壁がとても綺麗になったので、外構もお願いしたんですよ。」
横山「プロタイムズ総研を選んでよかったことはありますか?」
Y様「施工中、網戸の張り替えを手伝ってくださったり対応してくれる人が皆親切だった。塗った後も、塗装の専門の方がこんな風に来てくれると、わからないことも安心して聞けますよね。これからもよろしくお願いします。」

[取材者]横山あかね(広報)
横山あかね
プロタイムズ総研の元気な広報スタッフ。皆様にプロタイムズ総研の日常の活動をお伝えいたします。
プロタイムズ総研の施工技術について詳しく知りたい方は正しい塗り替え勉強会(施工現場見学会)へご参加ください(無料)。
「本当の外装リフォーム」に出合う本
最高品質の名工たち一級塗装技能士
府中店7周年キャンペーン
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は約10,000件の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。