エアコン室外機移動に伴う外壁調査をしました|東京都国立市K様邸

施工5年後

東京都国立市K様邸

こんにちは。プロタイムズ総合研究所の横山です。

今回は、東京都国立市にあるK様邸に伺いました。K様邸では5年前に屋根と外壁の塗装を行なっています。5年前の施工当時、室外機が壁に密着しており外壁の一部分は塗装が困難な状況でした。最近、施主様が室外機を変える工事をしたため今まで室外機が密着していた壁の一部が露出しました。露出した部分の状態を確認してほしいとの依頼があり伺いました。

まず最初に屋根の確認を行いました。ルーフカメラを使用し、色々な角度から屋根の様子を確認します。5年前に施工したため当時と比べると全体的に屋根の色が退色している様子は見られましたが、クラックなどの大きな問題は見つかりませんでした。また周りには植栽がありましたが、雨樋も詰まりはなく綺麗な状態です。

東京都国立市K様邸の外壁調査

次に外壁の確認です。K様邸の外壁は、横長のサイディングボードが貼られた「よろい貼り」でした。
「よろい貼り」はローラーで塗装していきますが、横が長いため継ぎ目が出ないように塗装するには高い技術が必要です。

そして室外機が設置してあった箇所を確認しました。施工当時は塗装が難しかった箇所は、施工前の外壁色のまま白くなっています。クラックなどの異常はありませんでしたが、こちらの塗装は後日行うことになりました。また北側の外壁を確認すると、2階の窓枠の下部分に塗膜剥離が見られました。日陰になりやすい北側で正面には木が生えており、湿気がたまりやすい環境であったことなどの状況が重なりこの部分のみに剥離が起こったと予想されます。こちらの塗膜剥離と室外機内側の塗装は後日行うことになりました。

K様に報告

最後に施主様に質問いたしました。

横山「プロタイムズ総研を選んだ決め手はなんですか?」
K様「ちょうど築10年が経ったので「そろそろ外壁と屋根の塗装をしなくちゃな」と考えていた時期にプロタイムズ総研を知りました。
主人が御社に決めたのですが、プロタイムズ総研を選んだのは施工内容が誠実に感じたのでお願いしたのだと思います。」
横山「施工中の様子はいかがですか?」
K様「誠実な方が揃っていらっしゃるなと思いました。ちょうど依頼したのが震災の頃で、震災が起こった後に「大丈夫ですか?」とわざわざ様子を見に来てくださったのが嬉しかったです。」
横山「外壁の色はどなたが決めたのですか?」
K様「私です。もともと黄色味がかった白色だったのですが、今回は黄色を選びました。」
横山「仕上がりはいかがでしたか?」
K様「仕上がりも満足でした。今回のように施工後も見てくださるのがありがたいです。安心します。」

[取材者]横山あかね(広報)
横山あかね
プロタイムズ総研の元気な広報スタッフ。皆様にプロタイムズ総研の日常の活動をお伝えいたします。
プロタイムズ総研の施工技術について詳しく知りたい方は正しい塗り替え勉強会(施工現場見学会)へご参加ください(無料)。
「本当の外装リフォーム」に出合う本
最高品質の名工たち一級塗装技能士
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は約10,000件の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。