輸入住宅の外壁を調査しました/東京都世田谷区成城T様邸

施工2年後

T様邸

こんにちは。プロタイムズ総合研究所の横山です。
今回は、世田谷区成城にあるT様邸のご自宅に伺いました。T様邸は2年前にプロタイムズ総合研究所で、外壁の施工と屋根の塗装、付帯部の塗装を行いました。今回は、T様から「近隣に自然が多いため枯葉などが雨樋に詰まっていないか心配」というお声をいただき確認で伺いました。

輸入住宅であるT様邸。築20年が経った頃、外壁に水の染み跡が出てきました。
塗装をしたとしても、効果は一時的なものになると予想できる状態だったため、プロタイムズ総研は「重ね張り工法」を提案しました。重ね張りした素材はガルバニウム鋼板です。デザイン性も充実しているので、洋風な外観にぴったり合うデザインでした。

まずはルーフカメラを使用して、屋根の確認しました。屋根は反射するほど綺麗な状態です。屋根の滑りが良いため、雪がしっかり落ちたと施主様はお喜びの様子です。また雨樋も、詰まりはなく綺麗な状態でした。

ルーフカメラで撮影

次に外壁・付帯部の確認です。外壁も綺麗な状態でした。
また、プロタイムズ総研で施工する前は、塗装してもすぐに剥がれてしまっていた柱。
プロタイムズ総研で施工してからは剥がれることはなくなりました。
「下塗りをしているか?」
「塗布量は正確か?」
など施工の工程で結果は大きく変わります。

外壁を調査

最後に施主様に質問をしました。

横山「プロタイムズを知ったきっかけはなんですか?」
T様「外壁に染み跡が出てしまって、色々な業者さんに状況を見ていただいたのですが「窓も全部取り替えなければいけない」と過剰なメンテナンスを提案されてしまい、困っていました。他に手はないか探していた時に、オーナーズスタイルフェアでプロタイムズ総研を知りました。担当者の方に「重ね貼り」の提案をしていただき、助かりました。」
横山「施行中の様子などはいかがでしたか?」
T様「丁寧によくやってくれたと思います。板金屋さんも暑い中、一生懸命作業してくれました。あと交換日記は面白いですよね。」
横山「プロタイムズ総合研究所に頼んでよかったことは?」
T様「レスポンスが早くて丁寧な会社だなと思いました。電話をかけると担当者の方がすぐに折り返しをしてくれたり、連絡が遅くなる場合はメールをくれたりなど対応が丁寧でした。」

[取材者]横山あかね(広報)
横山あかね
プロタイムズ総研の元気な広報スタッフ。皆様にプロタイムズ総研の日常の活動をお伝えいたします。
プロタイムズ総研の施工技術について詳しく知りたい方は正しい塗り替え勉強会(施工現場見学会)へご参加ください(無料)。
「本当の外装リフォーム」に出合う本
最高品質の名工たち一級塗装技能士
府中店7周年キャンペーン
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は約10,000件の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。