マンション屋上防水シートの調査をしました|神奈川県川崎市宮前区M様邸

施工5年後

神奈川県川崎市宮前区M様邸

こんにちは。プロタイムズ総合研究所の横山です。

今回は、川崎市宮前区のM様邸に伺いました。M様邸は、5年前にプロタイムズ総合研究所で、外壁塗装と屋上防水の施工を行いました。
今回、M様から「屋上の防水シートを長持ちさせるために、脱気筒を増やした方がいいのではないか?」という問い合わせをいただき、担当者が伺いました。

脱気筒とはなんでしょうか?屋上の下地コンクリートには、日常の雨や屋内の湿気・水分を含んでいます。それが寒暖差や太陽の熱などによって水蒸気を発生させます。
この水蒸気が防水層と下地の間に溜まると、防水層を圧迫させて層の耐久性が弱くなり劣化を促進させてしまうのです。その溜まった水蒸気を出すのが脱気筒の役割です。

担当者は屋上に上がり、防水シートの確認をしました。防水シートは膨れや浮いているところもなく、脱気筒は正常に働いていました。
「脱気筒はたくさん設置すればするだけ効果があるの?」とよく施主様から質問をいただきますが、設置した本数で良し悪しが決まるわけではありません。
面積や状況によっても設置する本数が変わります。だいたい脱気筒は、60平米~80平米に一つの割合で設置する場合が多いです。
M様邸でもシートの中央一列に等間隔で脱気筒が設置されていました。脱気筒は、全部で4本設置されており十分機能している旨を施主様に報告すると、
安心したご様子でした。

屋内を確認

次に、階段・手すりなどの共有部分と外壁の確認を行いました。
こちらも多少の汚れはありましたが、通常の経年劣化の範囲であり特に異常は見られませんでした。

M様

最後にM様に質問をしました。

横山「塗装をしてから5年が経ちましたが、仕上がりはどうですか?」
M様「仕上がりは良いと思います。塗装の持ちがいい気がしますね。」
横山「数ある業者からプロタイムズ総研を選んだ決め手はなんでしたか?」
M様「業者の立場からしたら言いづらい業界の裏側も包み隠さず話してくれて、真摯に対応してくれました。
信頼できると思ったのでプロタイムズ総研にお願いしました。誠実で確かな仕事をしてくれる業者の方がいいと思ったんです。
今回、屋上の脱気筒が不安だったことも、ここまで見に来てくれて答えてくれたので安心しました。」

[取材者]横山あかね(広報)
横山あかね
プロタイムズ総研の元気な広報スタッフ。皆様にプロタイムズ総研の日常の活動をお伝えいたします。
プロタイムズ総研の施工技術について詳しく知りたい方は正しい塗り替え勉強会(施工現場見学会)へご参加ください(無料)。
「本当の外装リフォーム」に出合う本
最高品質の名工たち一級塗装技能士
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。