雨漏りしているみたいなのですが、対応してもらえますか?

雨漏り

年間通して非常に多いお問合せのひとつになります。当然対応はできるのですが、雨漏りを止めるための工事は千差万別です。

まず、雨漏りと思っていても雨漏りではない場合があります。特に台風などの暴風雨の場合、雨漏りではなく、雨水侵入の場合も多くあります。簡単に言うと、雨が風に押されて室内に入ってきたということです。これは雨漏りではなく、雨水侵入です。

水密性という性能基準があります。水密性とは、風を伴なった雨のときに雨水の浸入をどれくらいの風圧まで防げるかを表す性能です。サッシやドア風雨にさらされた状態で面積1m²当たり、どれくらいの風圧まで雨水の浸入を防げるかを基準とした等級で表し、風圧の単位はPa(パスカル)で表すものになります。この水密性が低いと侵入しやすいということです。

サッシやドアが古いものだとこの水密性が低いことがあります。サッシがガタついているものなどは、水密性は低いと考えてください。その場合暴風雨が長時間続いた場合、サッシ周りから水が侵入し、壁や床が水浸しになり、雨漏りしたと思ってしまう場合もあります。見える状況としては雨漏りと変わらないので致し方ないことだと思います。

加島

雨漏りと雨水侵入が根本的に違うのは通り道です。雨漏りが内部構造を伝ってくことが多いのに対し雨水侵入は表面を伝わって来ています。当然ながらこの場合雨漏りのほうが厄介です。

雨漏りの原因を見つけるのは本当に難しいなと思います。特に難しいのは雨漏りが出る場所はひとつなのですが、原因が複数箇所ある場合です。実際に1年以上かけて原因追求をして雨漏りしない家に仕上げていったこともあります。

雨漏り=屋根というような考え方をされている方もいらっしゃいますが、必ずしもそうとは限りません。サッシ周りだったり、思わぬ場所のコーキングの劣化が原因だったりもします。特にサッシ周りに関しては経年劣化で雨漏りの原因になりがちです。

特に難しいのはRC造(鉄筋コンクリート造)、5階以上の建物です。築年数が経っていて雨漏りが発生している場合、RC造で階数があれば雨漏りの原因特定は非常に難しいものになります。無料での雨漏り診断ではほぼ太刀打ちできないと考えていただきたいです。雨漏りだからすぐにどうにかできるものではないと知っていただきたいですね。

そうですね。雨漏り=簡単というような感覚の方が多いのは事実です。RC造5階建て以上の建物は無料での雨漏り診断ができないとお断りすることもありますが、それに対して憤慨される方もいるのは事実です。「一級建築士事務所なのに雨漏りくらい直せないのか!」と。さらに、見積を見て愕然とされる方も多いです。「雨漏りを直すのにこんなにかかるんですか?!」と言われる方も多いです。

簡単に原因がわかって、コーキングをちょっと施せばおさまる雨漏りも当然多くあります。しかし、長年雨漏りでお悩みという方は原因特定にも時間がかかること工事も繰り返し行うことになることをご理解いただきたいです。半年、1年かけて原因追求するということもざらにあります。

雨漏りは難しい。直すには時間と手間がかかるということは覚えておいていただきたいですね。同時に、雨漏りで躯体が傷んでいた場合は工事も大掛かりになり、費用もかかります。早目のメンテナンスが大事なことも忘れないでいただきたいです。

屋根に関するよくある質問

「本当の外装リフォーム」に出合う本
最高品質の名工たち一級塗装技能士
ここまでやります!外壁・屋根診断
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

求人情報

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。