知らない人から屋根が傷んでいると言われたらどうしたらいいの?

ひび割れ

台風の後などは施工をしたお客様からたくさん連絡が来ますね。その際に共通してお伝えしているのが「知らない人は屋根の上に上げないように」ということです。大雨、大雪などの後は悪徳業者がほうぼうに出回ります。悪徳業者だと、問題ない屋根だと見えないところでわざと屋根を壊したりする業者もいます。いらぬトラブルを呼び寄せてしまいます。

わざとじゃなくても屋根の上に上がるだけでもスレートの屋根が破損することもあります。注意する必要があります。そう考えると、安易に屋根の上に人をあげることはおすすめできないですね。

藤原

実際施工の終わったお客様からも多くお問い合わせをいただきますが、知らない業者は屋根の上に上げないようにとお伝えしています。お問い合わせいただいた方は私達診断士がお伺いして確認させていただいております。感覚値ですが、90%以上なんの問題もないことがほとんどです。

一級建築士とか資格を持っている人間に見てもらうのが一番だと思いますが、なかなかそういった知り合いも少ないと思います。そういった場合は最低限、建設業許可のある業者で、屋根外壁の専門店の人間に見てもらうほうがいいですね。

屋根に関するよくある質問

「本当の外装リフォーム」に出合う本
最高品質の名工たち一級塗装技能士
ここまでやります!外壁・屋根診断
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

求人情報

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。