水系シリコン

水系シリコンとは
水系シリコンは屋根用の水系アクリルシリコン樹脂エマルション塗料です。新生屋根材・波形スレート・セメント瓦・アスファルトシングル・乾式洋瓦の塗り替えに用いられます。水谷ペイントの水系屋根用塗料には業界に先駆けて製品化を成功させた「水系ポリマ」シリーズがありますが、水系シリコンは水系ポリマシリーズの超耐久性品として位置付けられた製品。取り扱いの簡単な1液塗料であり、シーラー、下塗り、上塗りなども水系で統一されています。

水系シリコンの特徴

耐候性・超耐久性
水系シリコンでは硬いアクリルのコアと軟らかいアクリルシリコンのシェルが一体化しており、長期間にわたって耐候性を維持。連続塗膜が耐久性も格段にアップさせます。
耐変色性
一般的なアクリルエマルション塗料は時間が経つと色が褪せてきますが、水系シリコンの色落ち速度は約2分の1。鮮やかな色彩を長期間保つことができます。
耐汚染性
水性シリコンは野外暴露試験で一般アクリルエマルション塗料の約2分の1、溶剤型ウレタン塗料の約3分の2に汚染を抑えました。
防カビ・防藻性
水系シリコンはカビや藻を長期にわたって防ぎ、屋根の美しさを損ないません。
低臭・無公害・高い安全性
水系シリコンは水性塗料なので、臭いは無論のこと、有害物質を揮発することもありません。火災の危険も減少させ、作業者の労働条件を向上させることができます。
速乾性
水性シリコンは水系でありながら比較的速い乾燥性を誇ります。
自由な色調
水系シリコンでは色を自由に選べます(カラーバリエーションは下記参照)。
メーカー 水谷ペイント株式会社
塗装仕様 (水系シリコン15kg)
・新生屋根材及び波形スレート・セメント瓦であれば0.15~0.18kg/㎡/回(刷毛・ローラー・エアレス、調合割合0.7~1.5kg)、塗面積42~50㎡/セット。塗回数2回。
・新生屋根材及び波形スレート・セメント瓦の銀黒色仕上げであれば0.15~0.18kg/㎡/回(刷毛・ローラー・エアレス、調合割合0.7~1.5kg)、塗面積42~50㎡/セット。塗回数2回。水系シリコン銀黒色を使用。
・ノンアスベスト波形スレートであれば0.15~0.18kg/㎡/回(刷毛・ローラー・エアレス、調合割合0.7~1.5kg)、塗面積42~50㎡/セット。塗回数2回。
・アスファルトシングルであれば0.2~0.3kg/㎡/回(刷毛・ローラー・エアレス、調合割合0.7~1.5kg)、塗面積25~38㎡/セット。塗回数2回。水系シリコンは必ず艶消しを使用すること。
・乾式洋瓦(モニエル瓦・スカンジア瓦)であれば0.15~0.18kg/㎡/回(刷毛・ローラー・エアレス、調合割合0.7~1.5kg)、塗面積42~50㎡/セット。塗回数2回。
塗装間隔 ・新生屋根材及び波形スレート・セメント瓦、新生屋根材及び波形スレート・セメント瓦の銀黒色仕上げ、ノンアスベスト波形スレート、乾式洋瓦(モニエル瓦・スカンジア瓦)であれば23℃・工程内で2時間以上、最終養生では12時間以上。
・アスファルトシングルであれば23℃・工程内で4時間以上、最終養生では16時間以上。
カラーバリエーション スタンダードカラー33色、カスタムメイドも可能。
希釈剤 清水。

※各塗料の最新情報については各メーカーの公式サイトをご確認お願いします。

[監修者]池上政之(プロタイムズ総研現場革命部)
池上政之
プロタイムズ総研現場革命部課長。一級塗装技能士。塗装職人としての実績が豊富。関連企業としての関わりからプロタイムズ総研へ入社。現場をまとめる役割も担っています。
プロタイムズ総研の施工技術について詳しく知りたい方は正しい塗り替え勉強会(施工現場見学会)へご参加ください(無料)。
最高品質の名工たち一級塗装技能士
ここまでやります!外壁・屋根診断
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

求人情報

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。