SDルーフペイント

SDルーフペイントとは
SDルーフペイントは合成樹脂系トタン板用塗料です。長油性フタル酸樹脂系ルーフ用塗料に分類されます(乾燥時間の長い油脂を主原料とする塗料のことを長油系塗料と言います。厚塗りができるため乾燥後は高い耐久性を得ることができます)。カラートタン補修用、塗り替え用に適しています。

SDルーフペイントの特徴

塗膜の強靱性
SDルーフペイントを使うと、乾燥後に強靱な塗膜が形成されます。また、密着性も優れています。
耐候性
SDルーフペイントは耐候性に優れています。
長油性
SDルーフペイントは長油性のため、最短で16時間、最長で7日間と、比較的長い乾燥時間が必要になります(23℃の場合)。その代わり、先にも述べたとおり乾燥後の塗膜は強靱なものになりますし、厚塗りも可能になります。なお、一般的に長油系塗料は構造物が完成した後、もしくは動かない物の場合に使われます。細かい組み立て作業が必要な物では塗膜が乾燥するまでに時間がかかるため、適していません。
作業性
SDルーフペイントは作業性が優れています。刷毛目(刷毛の動きに沿って塗膜にできる筋)や流れも少ないので、平滑な美しい塗膜を形成することができます。
主な適用素材
カラートタン、トタン。
主な適用下塗塗料
ルーフエポプライマー、ザウルスEXII、エスコ、スーパーザウルス。
使用上の注意
SDルーフペイントを塗装する場合は、まず使用前に十分攪拌してください。錆びた部分に塗る場合は、先にワイヤブラシ、サンドペーパーなどで錆を完全に除去しましょう。錆止めペイントで補修するのも忘れないでください。塗装面を清浄に保つことも重要です。ホコリ、ゴミ、砂、油などは、塗装する前に水洗いやシンナー拭きなどで十分に除去してください。拭いた後は十分に乾燥させること。塗り替えに使う場合は、古くなったり剥がれかかっている旧塗膜を高圧洗浄機などで入念に除去しておいてください。
特に油性・合成樹脂系塗料は、未乾燥の時に夜露に当たったり、低温・多湿時に塗装すると、艶引けを起こすことがあります。十分に注意して塗装しましょう。
メーカー 関西ペイント
使用量 標準所要量0.12kg/㎡(刷毛、ローラー)、0.14kg/㎡(エアレススプレー)。
希釈剤 塗料用シンナーA。
塗り重ね乾燥時間 標準塗装間隔は23℃で最短16時間、最長7日。
カラーバリエーション 標準色、艶あり。

※各塗料の最新情報については各メーカーの公式サイトをご確認お願いします。

[監修者]池上政之(プロタイムズ総研現場革命部)
池上政之
プロタイムズ総研現場革命部課長。一級塗装技能士。塗装職人としての実績が豊富。関連企業としての関わりからプロタイムズ総研へ入社。現場をまとめる役割も担っています。
プロタイムズ総研の施工技術について詳しく知りたい方は正しい塗り替え勉強会(施工現場見学会)へご参加ください(無料)。
最高品質の名工たち一級塗装技能士
ここまでやります!外壁・屋根診断
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

求人情報

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。