アレスRP

アレスRPとは
アレスRPは都市再生機構指定材料・リフレッシュペイントです。RPはリフレッシュペイントの略です。アクリル樹脂系エマルション厚塗り塗料に分類されます。古い旧塗膜(リシン)に上塗りでき、仕上がりは厚塗りになります。

アレスRPの特徴

1回塗りで塗り替えが可能
アレスRPは有機リシン・無機リシン面に対し、1回塗りで塗り替えが可能となっています。リシンとは白セメントやアクリルに砕石配合物と顔料を加えて混合した表面化粧材のことで、壁面にザラザラとした独特の表情を作ります。
中性化防止
アレスRPには素地コンクリートの中性化を防止する機能があります。
耐久性
アレスRPは砂壁状の仕上がりになり、耐久性に優れています。
都市再生機構指定材料
独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)では、建築・電気設備・機械設備・土木・造園工事に関する技術において、従来技術に比べ生産性や付加価値の向上、環境負荷の低減やコスト削減に資する効果が確認された技術を対象に、技術的な検証を行ったうえで指定材料として仕様登録を行っています。アレスRPは都市再生機構指定材料の認定を受けています。
エマルション
エマルションとは乳液のことで、ある溶液中に別の溶剤が溶けない状態で混合されている状況のことを言います。塗料の場合は水や有機溶剤(シンナー)に微細な樹脂を分散させたエマルションが一般的です。水を用いたものを水性エマルション、有機溶剤を用いたものを溶剤系エマルションと言います。アレスRPには溶剤として上水が用いられています。
ホルムアルデヒド放散等級
アレスRPはホルムアルデヒド放散等級F☆☆☆☆(Fフォースター)を獲得しています。
主な適用素材
リシン面(旧塗膜)。
主な適用上塗塗料
アレスRPシーラー。
使用上の注意(抜粋)
アレスRPは5℃以下の低温時、湿度85%以上の多湿時に塗装しないでください。旧塗膜の劣化が激しい場合は他の溶剤系シーラーを用いてください。コンクリートなどのアルカリ質素材面を塗装する場合は水分8%以下、pH10以下になるまで乾燥させてから行ってください。取り扱いは換気の良い場所で行ってください。容器は開けたままにせず、その都度密栓するようにしてください。
メーカー 関西ペイント
使用量 標準所要量(被塗物の形状や塗装条件などによって増減あり)
0.5kg/㎡/回(ローラー、希釈率0%)。
塗り重ね乾燥時間 記載なし。
希釈剤 記載なし。
カラーバリエーション 白および各色、艶なし。

※各塗料の最新情報については各メーカーの公式サイトをご確認お願いします。

[監修者]池上政之(プロタイムズ総研現場革命部)
池上政之
プロタイムズ総研現場革命部課長。一級塗装技能士。塗装職人としての実績が豊富。関連企業としての関わりからプロタイムズ総研へ入社。現場をまとめる役割も担っています。
プロタイムズ総研の施工技術について詳しく知りたい方は正しい塗り替え勉強会(施工現場見学会)へご参加ください(無料)。
最高品質の名工たち一級塗装技能士
ここまでやります!外壁・屋根診断
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

求人情報

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。