アレスクール水性F

アレスクール水性Fとは
アレスクール水性Fは屋根用高日射反射率(遮熱)塗料です。水系フッ素樹脂屋根用高日射反射率(遮熱)塗料に分類されます。

アレスクール水性Fの特徴

フッ素樹脂タイプ
アレスクール水性Fはフッ素樹脂タイプの塗料です。フッ素には非粘着性、つまり「あらゆるものが癒着しにくい」という性質があり、このため汚れ等に対しても強い耐性を持っています。フッ素樹脂塗料には他にも耐薬品性、耐摩耗性、難燃性という特徴があり、中でもアレスクール水性Fは耐候性が非常に優れた塗料となっています。
遮熱性
アレスクール水性Fも他のアレスクールシリーズ同様、温度上昇の要因である赤外線(熱線)を効率良く反射することができます。
防カビ・防藻
アレスクール水性Fには防カビ・防藻剤が配合されていますので、耐候性と相まって長期間にわたる美観を維持することができます。
水性塗料
アレスクール水性Fは水性塗料なので低臭気です。溶剤も必要ないので、人と環境に優しい塗料となっています。
主な適用素材
窯業系屋根材(新生瓦・波型スレート)など。
主な適用下塗塗料
ヤネ強化プライマーEPO。
主な適用中塗塗料
アレスクールプライマー。
使用上の注意
アレスクール水性Fは他の塗料とは絶対に混合しないでください。塗装の際はナイロン刷毛を使用するのが最も適しています。使用前は沈降している場合があるので、十分攪拌してください。
下地調整は念入りに行わないと、光沢が出なかったり、艶むらが発生したり、塗膜の膨れ・剥がれ・割れが生じる場合があります。溶剤拭き、温水による水洗いなどで十分に洗浄し、よく乾かしてください。特にトタンの折り曲げ部分は汚れが溜まりやすいので入念に清掃してください。強い風が吹いている時や、降雨が予想される時、気温が5℃以下、湿度85%以上の時は塗装しないでください。低温時・多湿時に塗装した塗膜が未乾燥の時に夜露等に当たると艶引けが起こることがあります。所定の塗り回数を守ってください。膜厚を確保する施工が必要です。
メーカー 関西ペイント
使用量 標準所要量(被塗物の形状や塗装条件などによって増減あり)
窯業系素材の場合、0.22kg/㎡/回(刷毛・ローラー、希釈率0〜10%)、0.16kg/㎡/回(エアレススプレー、希釈率0〜10%)。
希釈剤 上水。
塗り重ね乾燥時間 標準塗装間隔は23℃で最短2時間、最長7日。
カラーバリエーション 艶あり、標準色。

※各塗料の最新情報については各メーカーの公式サイトをご確認お願いします。

[監修者]池上政之(プロタイムズ総研現場革命部)
池上政之
プロタイムズ総研現場革命部課長。一級塗装技能士。塗装職人としての実績が豊富。関連企業としての関わりからプロタイムズ総研へ入社。現場をまとめる役割も担っています。
プロタイムズ総研の施工技術について詳しく知りたい方は正しい塗り替え勉強会(施工現場見学会)へご参加ください(無料)。
最高品質の名工たち一級塗装技能士
ここまでやります!外壁・屋根診断
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

求人情報

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。