アクリルルーベン

アクリルルーベンとは
アクリルルーベンはアクリル樹脂トタンペイントです。カラートタンに対する密着性に優れています。金属系屋根の塗装に用いられます。

アクリルルーベンの特徴

速乾性
アクリルルーベンは速乾性です。塗装間隔は30℃で最小2時間です。1日2回塗りも可能です。
一液型
アクリルルーベンは一液型なのでそのまま塗装できます。
耐候性
アクリルルーベンは耐候性に優れています。また、艶が長持ちし、色彩も鮮明です。ひびや剥がれを生じません。
施工法
下塗りには一液浸透性エポキシ系さび止め塗料であるルーベンエポプライマーを塗ります。中塗り、上塗りをアクリルルーベンで仕上げます。
下地処理
アクリルルーベンを塗装する際は、素材表面の油分・汚れ・ホコリなどを除去し乾燥した正常な面にしてください。
施工上の注意
アクリルルーベンは十分かき混ぜ、均一な状態にしてから塗装してください。希釈には必ず塗料用シンナーを用いてください。
使用上の注意(警告)
アクリルルーベンは、
・引火性の液体です。
・有機溶剤中毒の恐れがあります。
・健康に有害な物質を含有しています。
消防法による危険物区分
アクリルルーベンは消防法による危険物区分では第2石油類に分類されています。
適用素材
塗装溶融亜鉛めっき鋼板、塗装溶融亜鉛アルミニウム合金めっき鋼板、亜鉛アルミニウム合金めっき鋼板。
トタン屋根施工上の注意(抜粋)
ガルバニウム鋼板には下塗りにルーベンエポプライマーを塗装すること。亜鉛めっき鋼板に塗装する場合は別途ご相談ください。トタン素地が見えている部分、さびが発生している部分には素地調整したあと、必ず錆止め塗料を塗ってください。
メーカー 大日本塗料株式会社
使用量 標準所要量(被塗物の形状や塗装条件などによって増減あり)
0.12kg/㎡/回(刷毛・ローラー、希釈率5~10%)、0.14kg/㎡/回(エアレス、希釈率10~15%)。エアスプレーの場合はエアレス希釈率より5~10%増やしてください。
塗り重ね乾燥時間 乾燥時間は5℃で指触2時間、半硬化8時間。20℃で指触1時間、半硬化3時間。30℃で指触15分、半硬化1時間。
塗装間隔 塗装間隔は5℃で最小6時間、最大1カ月。20℃で最小2時間、最大1カ月。30℃で最小2時間、最大1カ月。
カラーバリエーション 標準色(シルバー色を除く)、艶あり。
希釈剤 塗料用シンナー。

※各塗料の最新情報については各メーカーの公式サイトをご確認お願いします。

[監修者]池上政之(プロタイムズ総研現場革命部)
池上政之
プロタイムズ総研現場革命部課長。一級塗装技能士。塗装職人としての実績が豊富。関連企業としての関わりからプロタイムズ総研へ入社。現場をまとめる役割も担っています。
プロタイムズ総研の施工技術について詳しく知りたい方は正しい塗り替え勉強会(施工現場見学会)へご参加ください(無料)。
最高品質の名工たち一級塗装技能士
ここまでやります!外壁・屋根診断
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

求人情報

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。