アトムスーパーフェロン

アトムスーパーフェロンとは
アトムカラーベストスーパー遮熱マルドワン同様、アトムスーパーフェロンも一液シリコンウレタンハルス塗料とも呼ばれます。主に屋根塗装のために使われます。

アトムスーパーフェロンの特徴

耐候性・耐久性
アトムスーパーフェロンは一液アクリルシリコン・ウレタンハイブリッド樹脂を用いているため、耐候性・耐久性に優れています。
紫外線をブロック
太陽光線、熱、雨、風などにさらされる塗料は、劣化を免れることはできません。太陽光線に含まれる紫外線は、例えばチョーキング(白亜化)を引き起こします。これは塗膜の表層樹脂に劣化が起こり、塗料中の顔料がチョークのような粉状になる現象のことです。チョーキングを起こした塗面はすでに消耗が進んでおり、防水性が悪くなります。雨が降ると水分を吸収して表面が変色することもあります。チョーキングは塗膜劣化の最もわかりやすい兆候なので、塗り替え時期の目安ともされています。
アトムスーパーフェロンには紫外線をブロックするHALS(ハルス=光安定剤)という成分が配合されており、紫外線から屋根を守ることができます。
強固な塗膜
アトムスーパーフェロンは架橋密度が高い塗料となっています。架橋密度とは架橋高分子の中で架橋を起こした構造単位の、全体の構造単位に対する割合のことを言いますが、一般的には架橋密度が高くなるほど弾性率が高くなる、と覚えておけば良いでしょう。弾性率はこの場合硬度と同じような意味と考えてください。弾性という言葉は、柔軟性と同じようなイメージを持たれることもありますが、弾性が高いということは「物体に力を加えている時に生じた変形が、力を除くと元に戻る性質」が強いということなので、柔軟性がありながら、一般的な言葉で言えば「硬い」ということにもなるわけです。
アトムスーパーフェロンは架橋密度が高い、つまり弾性率が高いので、緻密かつ強固な塗膜を形成することができます。
高い光沢度
アトムスーパーフェロンの塗膜は鮮やかな高光沢を実現できます。
用途
カラートタン屋根、金属屋根。
メーカー アトミクス
使用量 塗り面積/2回塗り55〜70㎡。
アトムスーパーフェロンを中塗りする場合/塗布量0.11〜0.13kg/㎡。
塗り重ね乾燥時間 例:アトムスーパーフェロンを中塗りする場合/塗装間隔3時間以上(23℃の場合)。使用量、乾燥時間の詳細についてはアトミクス発行の製品カタログ・塗装仕様書などで必ずご確認ください。
カラーバリエーション 常備色14色。

※各塗料の最新情報については各メーカーの公式サイトをご確認お願いします。

[監修者]池上政之(プロタイムズ総研現場革命部)
池上政之
プロタイムズ総研現場革命部課長。一級塗装技能士。塗装職人としての実績が豊富。関連企業としての関わりからプロタイムズ総研へ入社。現場をまとめる役割も担っています。
プロタイムズ総研の施工技術について詳しく知りたい方は正しい塗り替え勉強会(施工現場見学会)へご参加ください(無料)。
最高品質の名工たち一級塗装技能士
ここまでやります!外壁・屋根診断
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

求人情報

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。