アスファルーフ

アスファルーフとは
アスファルーフは長期防蝕塗料です。亜鉛鉄板、カラートタン屋根、金属鋼板板屋根に使用されます。アスファルーフにはプライマー、速乾スレートプライマー、上塗り塗料が用意されています。
アスファルーフ

アスファルーフの特徴

アスファルーフは防蝕性の高い天然アスファルトを基材としており、長期防蝕性はもちろんのこと、耐久性、断熱性、防音性に優れています。

長期防蝕性
アスファルーフは天然アスファルト基材に特殊非アスベスト繊維と多量の微細アルミフレークを加えたものです。サビを発生させるのは光や熱、水分や酸素などですが、アスファルーフは細かいアルミフレークが天然アスファルトの層の間に鱗片状に積層するようになっており、発錆誘引物質の侵入を防ぎます。
密着性
アスファルーフは亜鉛鉄板にもよく密着します。亜鉛鉄板には合成樹脂塗料は密着しにくいとされているのですが、アスファルーフの主成分である天然アスファルトは鉄板の収縮にもよく追従し、長期間経過しても割れたり剥がれたりすることがありません。
断熱効果
塗膜表面のアルミフレークは65%以上の光・熱を反射します。このため熱が素地に伝わりにくく、特にカラートタンの場合は室内温度の上昇を抑えることができます。
防音効果
アスファルーフは特殊非アスベスト繊維が混入された厚い膜を形成するため、雨の衝撃音を緩和することができます。
対温度変化性能
アスファルーフは温度変化に強く、-50℃〜80℃の温度差にもびくともしません。特に、低温でも柔軟性を維持できる特性を持っています。
厚膜塗装が可能
アスファルーフには天然アスファルトと特殊非アスベスト繊維が配合されているため、合成樹脂塗料の約8倍の厚膜を形成することができます。
用途
亜鉛鉄板、カラートタン屋根、金属鋼板板屋根。
メーカー アトミクス
使用量 アスファルーフ=塗布量400g/㎡、膜厚340μ
塗り重ね乾燥時間 例:アスファルーフプライマーを下塗りする場合/塗装間隔5日以上〜14日以内(23℃の場合)。使用量、乾燥時間の詳細についてはアトミクス発行の製品カタログ・塗装仕様書などで必ずご確認ください。
カラーバリエーション 標準色3色。

※各塗料の最新情報については各メーカーの公式サイトをご確認お願いします。

[監修者]池上政之(プロタイムズ総研現場革命部)
池上政之
プロタイムズ総研現場革命部課長。一級塗装技能士。塗装職人としての実績が豊富。関連企業としての関わりからプロタイムズ総研へ入社。現場をまとめる役割も担っています。
プロタイムズ総研の施工技術について詳しく知りたい方は正しい塗り替え勉強会(施工現場見学会)へご参加ください(無料)。
最高品質の名工たち一級塗装技能士
ここまでやります!外壁・屋根診断
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

求人情報

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。