ライフ外部用ワニス

ライフ外部用ワニスとは
ライフ外部用ワニスは、主に屋外木部用に用いられる最高級ワニスです。

ライフ外部用ワニスの特徴

優れた耐久性
ライフ外部用ワニスは、強靱かつ弾力性のある肉厚の塗膜を形成します。ライフ外部用ワニスには、ポリウレタン樹脂とアルキッド樹脂が使われています。ポリウレタン樹脂は耐久性だけでなく、肉持ち性、耐薬品性、光沢保持性に優れ、アルキッド樹脂は耐候性、弾力性に優れています。ライフ外部用ワニスは両者の長所を兼ね備えています。
乾燥性と作業性
ライフ外部用ワニスは、条件により異なりますが、だいたい4〜5時間で乾燥します。さらに長油性アルキッド樹脂が配合されているため、刷毛捌きが非常に軽快になり、作業性も優れています。長油性アルキッド樹脂は粘度が低く、溶解性が高いためです。
肉持ち性
塗装直後と乾燥後で塗膜の厚さの変化が少ない塗料を「肉持ちが良い」などと表現することがあります。肉持ちの良し悪しは主に希釈率と関係があり、希釈量が少ない塗料は肉持ちが良い塗料になります。見方を変えると、不揮発分が多い方が塗膜として残る部分が多くなり、肉持ち性も良くなるわけです。
一般的なワニスやクリヤー塗料の不揮発分は42%〜48%ですが、ライフ外部用ワニスの場合は56%〜58%が不揮発分になります。それだけ豊かな肉持ち感がある塗料だと言えるでしょう。
高い光沢保持性
ライフ外部用ワニスは光沢を長く保持できるため、長期間に渡って美しい光沢を楽しむことができます。
施工例
ライフ外部用ワニスを旧塗膜の上から塗る場合は素地調整が必要になります。素地の毛羽立ちや汚れなどは十分に研磨しておくことが必要です。また、研磨粉は完全に取り除いておきます。
素地調整が済んだら、ライフ外部用ワニスを下塗りします。希釈剤は塗料用シンナーA、合成ボイル油、ニューAボイル油桂のいずれかを用います。下塗り後は24時間以上間隔を空けて、上塗りとして再びライフ外部用ワニスを塗って仕上げます。
用途
屋内/一般木部の高級ニス仕上げ。
屋外/ドア、その他の木製建具、下見ステイン塗装の艶出し、木工品。
メーカー アトミクス
使用量 塗布量/0.04〜0.05kg/㎡。
塗り重ね乾燥時間 塗装間隔は24時間以上(23℃、下塗りする場合)。
使用量、乾燥時間の詳細についてはアトミクス発行の製品カタログ・塗装仕様書などで必ずご確認ください。
カラーバリエーション クリヤーのみ。

※各塗料の最新情報については各メーカーの公式サイトをご確認お願いします。

[監修者]池上政之(プロタイムズ総研現場革命部)
池上政之
プロタイムズ総研現場革命部課長。一級塗装技能士。塗装職人としての実績が豊富。関連企業としての関わりからプロタイムズ総研へ入社。現場をまとめる役割も担っています。
プロタイムズ総研の施工技術について詳しく知りたい方は正しい塗り替え勉強会(施工現場見学会)へご参加ください(無料)。
最高品質の名工たち一級塗装技能士
ここまでやります!外壁・屋根診断
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

求人情報

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。