ウレシール2000

ウレシール2000とは
ウレシール2000はシーリング材です。一成分形ポリウレタン系シーリング材とも呼ばれます。本体と専用プライマーがセットになって販売されています。
ウレシール2000

ウレシール2000の特徴

弾性機能
ウレシール2000はEC-2000シリーズ専用のノンブリードタイプシーリング材です。ノンブリードとは「ブリードしない」ことを意味し、直訳すると「繁殖しない」ということ。シーリングにおいては、汚れが生じたりしないということを意味します。
ウレシール2000はEC-2000シリーズと組み合わせて使います。EC-2000シリーズは水性の上塗り材です。ピュアアクリル樹脂を採用しており、伸縮率600%と言われる優れた弾性を備えています。例えひび割れができても塗膜自体が割れないので、効果的に防水を行うことができます。さらに、EC-2000シリーズは塗料自体が弾性に優れているため、後述する可塑剤を使用していません。このため、EC-2000シリーズは10年の保証が約束されています。
ウレシール2000とEC-2000シリーズは、高い防水性と耐久性を同時に実現できる組み合わせなのです。
可塑剤配合率0%
一般のシーリング材には、可塑剤が含まれています。可塑剤とは言わば柔軟剤のことで、シーリング材に柔軟性を与える重要な役割を果たしています。しかし、可塑剤にはブリード汚染という問題があります。 可塑剤はシーリング材から塗膜表面に移動し、やがて周辺部分へと広がります。これをブリード現象と呼びますが、ブリード現象で広がった可塑剤は塗膜を粘着質に変えてしまいます。すると大気中の汚染物質が固着するようになり、汚れが蓄積されるようになるのです。これがブリード汚染と呼ばれる現象です。
また、可塑剤にはブリード現象以外にももう一つ問題があります。太陽光線の紫外線に当たると、可塑剤は3〜5年で気化してしまうのです。するとシーリング材からは弾性が失われ、硬化してひび割れを起こしてしまうことになります。さらに、可塑剤が入っている塗料は、塗り重ねた場合に変色が起こることもあります。
これに対し、ウレシール2000は可塑剤配合率0%のノンブリードタイプです。可塑剤が抱えている問題と無縁なだけでも、非常に優れたシーリング材と言えるでしょう。
メーカー アステックペイントジャパン
塗り重ね乾燥時間 工程内:30分以上6時間以内(外気温25℃の場合)。
カラーバリエーション ライトグレー、艶なし。

※各塗料の最新情報については各メーカーの公式サイトをご確認お願いします。

[監修者]池上政之(プロタイムズ総研現場革命部)
池上政之
プロタイムズ総研現場革命部課長。一級塗装技能士。塗装職人としての実績が豊富。関連企業としての関わりからプロタイムズ総研へ入社。現場をまとめる役割も担っています。
プロタイムズ総研の施工技術について詳しく知りたい方は正しい塗り替え勉強会(施工現場見学会)へご参加ください(無料)。
最高品質の名工たち一級塗装技能士
ここまでやります!外壁・屋根診断
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

求人情報

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。