テープ用塗膜

テープ用塗膜とは
テープ用塗膜は水性系の補強材です。水性一液防水補強材とも呼ばれます。液型は一液型になります。主に金属やスレートの継ぎ目部分などを防水補強するテープ用の塗料です。
テープ用塗膜

テープ用塗膜の特徴

ソントラテープ
テープ用塗膜はソントラテープとセットで使用されます。
ウルトラフラッシュの項でも解説しましたが、ソントラテープとはポリプロピレン系のテープのことで、主に金属やスレートの継ぎ目部分などを防水補強する目的で使われるものです。熱や衝撃、低温や凍結、剥離や亀裂などに対して強い耐性を発揮します。防水補強工事においてテープ用塗膜とソントラテープは最適な組み合わせの一つだと言えるでしょう。
水性アクリル防水中塗り材
基本的にテープ用塗膜は塗装の仕上げが終わったら目に触れることのない中塗り材になります。水性アクリル塗料なので、臭いが少なく安全性も高いのが特徴です。速乾性もあり、作業者に配慮し、環境にもやさしい塗料と言えます。
補強用不織布ポリエステルメッシュ
ソントラテープは「補強用不織布ポリエステルメッシュ」で形成されています。これは接着剤や熱融着性樹脂を一切用いていないのが特徴で、高圧水流の圧力を利用して繊維を絡ませ、テープのシートを形成しています。頑丈で、糸くずやほつれを発生させることなくどこでも防水補強を施すことができます。
ひび割れ補強
テープ用塗膜は防水補強材ですので、リフォーム時にはひび割れ補強などにも使われます。手順としては、まずひび割れ部分にテープ用塗膜を塗りつけ、ソントラテープでひび割れを覆います。ソントラテープをしっかり押さえたら、もう一度テープの上からテープ用塗膜を塗れば、ひび割れ補修は完了です。
リフォーム防水工事
建物の屋上のリフォーム防水工事でもソントラテープ・テープ用塗膜は活躍します。
一例を挙げると、まず防水工事を行いたい劣化した部分にプライマーを塗布します。プライマーが乾いたら、屋上のジョイント部分にテープ用塗膜を塗っていきます。後はひび割れ補強と同じ手順で、ジョイント部分に沿ってソントラテープを貼り付け、しっかりと押さえます。さらにテープ用塗膜を増し塗りすれば完成、上塗り作業に移ります。
対応素材
テープ用塗膜は次の素材に対応しています。
金属屋根、波型スレート屋根。
メーカー アステックペイントジャパン
設計価格 加盟店制度を採用。メーカーが小売をしていません。
使用量 2.4㎡/ℓ、0.54kg/㎡。
塗り重ね乾燥時間 工程間:8時間以上(外気温25℃の場合)。
カラーバリエーション 白、艶なし。
[監修者]池上政之(プロタイムズ総研現場革命部)
池上政之
プロタイムズ総研現場革命部課長。一級塗装技能士。塗装職人としての実績が豊富。関連企業としての関わりからプロタイムズ総研へ入社。現場をまとめる役割も担っています。
プロタイムズ総研の施工技術について詳しく知りたい方は正しい塗り替え勉強会(施工現場見学会)へご参加ください(無料)。
「本当の外装リフォーム」に出合う本
最高品質の名工たち一級塗装技能士
ここまでやります!外壁・屋根診断
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

求人情報

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。