無機ハイブリッドクリヤー

無機ハイブリッドクリヤーとは
無機ハイブリッドクリヤーは水性系の上塗り材です。水性形二液サイディング用無機ハイブリッドクリヤー材とも呼ばれます。液型は二液型になります。主にサイディングに使われます。
無機ハイブリッドクリヤー

無機ハイブリッドクリヤーの特徴

無機とは
無機とは「炭素を含まない化合物」のことです。鉱石やガラスのように、紫外線を浴びても分解されないという特徴があります。
無機塗料の弱点
無機塗料には劣化に強い、汚れにくい、硬いというメリットがあります。しかし同時に、もろくて割れやすいというデメリットもあります。そこで無機ハイブリッドシリーズでは、有機成分を合成することで柔らかくて割れにくい無機塗料にすることに成功しました。
超耐久性
耐久性が高いと言われるフッ素樹脂は15年くらいで劣化が始まりますが、無機ハイブリッドシリーズは20年以上経過しても光沢保持率80%を維持することができます。これはライフサイクルコストの削減につながります。
無機ハイブリッドクリヤーには10年の保証が付いています。
親水性による超低汚染性
無機ハイブリッドシリーズは帯電しにくいセラミック成分を含んだ塗料になっているためホコリなどを寄せ付けません。また、塗面は親水性(付いた水が水滴にならず膜を形成する性質)に富んでいるため、汚れが付着しても雨水によりセルフクリーニングされます。
高硬度と柔軟性を両立
無機ハイブリッドシリーズの塗膜はガラスのように硬いため、傷に強くなっています。同時に、屈曲する柔軟性も持っているため、建物の動きにも対応できます。
通常の硬い塗料を塗った鉄板を曲げてみるとひびが入ったりしますが、無機ハイブリッドシリーズの場合は硬い塗面を維持したまま屈曲に追随し、剥がれません。
光沢感が選べる
無機ハイブリッドクリヤーは光沢感が艶ありと3分艶の2種類から選べるクリヤー塗料です。
対応素材
無機ハイブリッドクリヤーは窯業系サイディングにのみ対応しています。
JIS分類
無機ハイブリッドクリヤーは「JIS K 5600 塗料一般試験方法」の規格において「容器の中での状態」「塗装作業性」「乾燥時間」「ポットライフ」「塗膜の外観」「鏡面光沢度」「付着性」「重塗り適合性」「耐屈曲性(タイプ1)」「耐衝撃性(デュポン式)」「鉛筆引っかき硬度」「耐水性」「耐酸性」「耐アルカリ性」「耐湿潤冷熱繰返し性」の試験に合格。促進耐候性試験ではスーパーUV800時間をクリアーしています。これは20年に相当する時間です。
メーカー アステックペイントジャパン
使用量 0.1〜0.15kg/㎡、1回塗り。
塗り重ね乾燥時間 最終養生:24時間以上(外気温25℃の場合)。
カラーバリエーション 透明、艶あり/3分艶。

※各塗料の最新情報については各メーカーの公式サイトをご確認お願いします。

[監修者]池上政之(プロタイムズ総研現場革命部)
池上政之
プロタイムズ総研現場革命部課長。一級塗装技能士。塗装職人としての実績が豊富。関連企業としての関わりからプロタイムズ総研へ入社。現場をまとめる役割も担っています。
プロタイムズ総研の施工技術について詳しく知りたい方は正しい塗り替え勉強会(施工現場見学会)へご参加ください(無料)。
最高品質の名工たち一級塗装技能士
ここまでやります!外壁・屋根診断
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

求人情報

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。