グラナートミドルコート

グラナートミドルコートとは
グラナートミドルコートは水性系の中塗り材です。水性形一液外壁用中塗材とも呼ばれます。液型は一液型になります。主に外壁用の塗料です。
グラナートミドルコート

グラナートミドルコートの特徴

グラナートSP専用の中塗り材
グラナートミドルコートは多彩模様塗料グラナートSP専用の中塗り材です。グラナートSPはクリヤー塗料のため、その下に塗る中塗り材の色がベースカラーとなります。グラナートミドルコートにもグラナートSPと同じく10色が用意されており、中塗り、上塗りで色を組み合わせて使います。
グラナートSPの項でも解説しましたが、グラナートSPにはチップが混入されており、天然石のような美しい仕上がりとなります。グラナートSPは艶なしのクリヤー塗料、グラナートミドルコートは艶あり塗料なので、2つを組み合わせることで深みのある仕上がりが約束されるのです。
カラーバリエーション
グラナートミドルコート・SPを使う場合、中塗り・上塗りそれぞれの段階で複数の色彩を選択することができ、様々なコーディネイトが可能になっています。つまり実際には10通り以上の仕上げ方ができるのです。
一般的に、単色塗料では単調な印象を与えてしまいます。建物の外観に意匠性を持たせたい人にとっては、物足りないこともあるでしょう。
グラナートミドルコート・SPの場合は、壁面が色調の異なる複数色で構成されます。独特の立体感のある多重的な色味を表現することができます。
対応素材
グラナートミドルコートは次の素材に対応しています。
窯業系サイディング、リシン、ALC、コンクリート、モルタル、吹付けタイル、スタッコ。
JIS分類
グラナートミドルコートは次のJIS規格に合格しています。
「JIS K 5660 つや有合成樹脂エマルションペイント」塗装作業性、容器の中での状態、乾燥時間、塗膜の外観、隠蔽率、鏡面光沢度、耐水性、耐アルカリ性、耐衝撃性、耐湿潤冷熱繰返し性、屋外暴露耐候性。 「JIS A 6909 建築用仕上塗材」促進耐候性2500時間クリアー。
「JIS A 1435 建築用外壁材料の耐凍害性試験方法」耐凍結融解法。
「JIS Z 2911」カビ抵抗性試験。
メーカー アステックペイントジャパン
使用量 0.25〜0.35kg/㎡、1〜2回塗り。
塗り重ね乾燥時間 工程内:2時間以上、工程間:2時間以上(外気温25℃の場合)。
カラーバリエーション 10色限定、艶あり。

※各塗料の最新情報については各メーカーの公式サイトをご確認お願いします。

[監修者]池上政之(プロタイムズ総研現場革命部)
池上政之
プロタイムズ総研現場革命部課長。一級塗装技能士。塗装職人としての実績が豊富。関連企業としての関わりからプロタイムズ総研へ入社。現場をまとめる役割も担っています。
プロタイムズ総研の施工技術について詳しく知りたい方は正しい塗り替え勉強会(施工現場見学会)へご参加ください(無料)。
最高品質の名工たち一級塗装技能士
ここまでやります!外壁・屋根診断
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

求人情報

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。