ビル・マンション・戸建ての
屋上防水工事・バルコニー防水工事について

プロタイムズ総研だから安心

施工実績
18,540棟以上
工事満足度
93
一級塗装技能士
22名在籍

手抜き施工をなくしたい

屋根外壁の膨れ、ひび割れ…その多くが施工時の不良施工が原因です。

塗装業界に多い「手抜き施工」をなくしたい。
国家資格である一級塗装技能士を保有する職人集団がプロタイムズ総研です。

手抜き施工をなくしたい、プロタイムズ総研の3つのお約束

塗装1

塗布量の遵守

塗料を規定量以上に薄めない
塗料にはメーカーが規定する基準塗布量があります。基準塗布量を超えて塗装をすると塗料の耐用年数が規定以下となります。
プロタイムズ総研は規定の塗布量を遵守します。
塗装2

乾燥時間を守る

乾燥時間を守る
下塗りと中塗り、中塗りと上塗り、それぞれの工程のインターバル(乾燥時間)を守ることで塗料の性能が最大限に活きます。
プロタイムズ総研は乾燥時間を守ります。
調色

使用塗料の統一

使用塗料を統一する
他の現場で余ったメーカーの違う塗料を目立ちにくい中塗りに使うことは非常に危険です。
上塗りと異なる塗料は不良施工の原因になります。
プロタイムズ総研はメーカーの違う余った塗料を中塗りには使いません。

屋上防水工事・ベランダ防水工事について

ビル・マンションの屋上は紫外線を直接受けるため建物の中で一番劣化が激しい箇所です。最近は屋上は立ち入り禁止になっているから普段は劣化状態がわからないかもしれませんが、放置していると劣化箇所から建物内へ雨水が侵入することもありえます。
また、ベランダのバルコニー防水工事や雨漏りも対応できますのでまずはご相談ください

防水工事について
防水工事は建物の構造や形状、現在の防水の種類などから適切な工事を判断します。ポピュラーなウレタン防水工事から塩ビシート防水工事、FRP防水工事など建物の状況やご予算に応じて行います。
屋上防水施工前
ベランダ防水工事
ベランダのバルコニーは一見すると単純な箱型の構造物に見えますが、実際には風雨にさらされるので傷みやすい箇所です。気づかないうちに枯葉や土が溜まって水はけが悪くなることもあります。大雨が降るとバルコニーがプール状態になり、水が室内に浸入することもあるので注意が必要です。プロタイムズ総研は戸建てのバルコニー防水工事も対応します。
バルコニー防水工事
雨漏り対策もお任せください
雨漏りはほんの小さい隙間が原因ということもあります。ひび割れの上から塗装をしても劣化や剥離をすると再び雨漏れとなります。きちんと補修工事をした上で塗装をする必要があります。また雨漏りの原因は一箇所と限りません。複数箇所が原因である可能性もあるため、しっかりと現地調査・診断をする必要があります。調査・診断はヒアリングをした後に目視で確認します。そして散水試験をして雨漏りを再現します。
散水試験

防水工事の種類と施工方法

ビル・マンションの劣化状況に即して適切な防水工事の処置が変わります。

  1. ウレタン防水 ウレタン防水は地震によって建物が揺れても伸縮するので防水層を損傷なく維持することが期待できます。室外ではマンションやビルの屋上・ベランダなどに使われる他、店舗などでは屋内にある厨房の防水工事、雨漏り修理にも使用。
    ウレタン防水処理をした屋上やベランダはシームレスな防水層を形成するので、複雑な形状をしているところでも使用可能。トルエンなど混ぜて使うので多少の臭気はありますが、屋上などではさほど気にならない程度です。
  2. アスファルト防水コンクリート仕上げ アスファルト防水はアスファルトを合成繊維不織布に含浸・コーティングしたシート状のルーフィングを用意して下地に貼り重ねていく工法のこと。
    屋上の外壁に水平の長いひび割れがある、コンクリートのひび割れがひどく叩くと乾いた音がする、コンクリート目地が飛び出している、コンクリートが盛り上がっている、外周部分の立ち上がり面のコンクリート・モルタルが割れている、排水口周辺のひび割れがひどい、排水口に雑草が生えている等の状態で使用。
  3. アスファルト防水砂付ルーフィング仕上げ 砂付ルーフィングとは基本的に防水工事の表面で使用するルーフィング材のこと。
    防水層が破れている、防水のジョイント部分に隙間が開いている、植物が生えてしまっている、防水層が膨らんでいる部分がある、防水層から水が入っている箇所がある、外周の笠木部分にひび割れがある、シーリングが硬化・破断している、排水口に防水破断が起こっている等の状態で使用。
  4. シート防水 シート防水とはシートを貼り付けることにより雨水の浸入を防ぐ防水のこと。シート防水はマンションやビルの屋上、住宅のベランダなどで広く普及しています。工法には防水シートを下地に貼り付ける密着工法とディスク板などを使って固定する機械固定工法があります。
    立上り部分が浮いている、防水層が破れている、防水のジョイント部分が剥がれている、シートのコーナーが極端に縮んでいる、またはしわが寄っている、シートの一部に穴がある、笠木にひび割れがある、シーリングが硬化・破断している、排水口に防水破断が起こっている等の状態で使用。
  5. 塗膜防水 塗膜防水とは前述のウレタンの他、アクリル・ポリエステルを主原料とした液体を何重にも塗り重ねる防水のこと。
    白っぽい粉を吹いている(チョーキング)、防水層が破れて下地が露出している、下地にひび割れが発生しているので塗膜も切れている、塗膜の一部が膨れている、防水層に破れている箇所がある、笠木部分にひび割れがある等の状態で使用。
  6. シーリング防水 屋上の防水工事などでもシーリングを使うケースもあります。シート防水であればシートの端末部分を収めるのに使用、ウレタン防水の場合はウレタンより中の部分で使用。止水以外にも表面を平らにしたり強度を上げたりする役割。主に使うのは壁の立ち上がりと床の接合部。切れたり破断したりすることが多いのでシーリングで収めます。

18,540棟以上の施工実績

東京都中央区銀座Mビル
屋根:ウレタン防水、外壁:ホーロー鋼板
2018年07月31日UP
  • 屋上防水工事
  • 外壁塗装
  • お客様の声
  • マンション
東京都中央区銀座Mビルのお写真
東京都江東区木場Oマンション
外壁:RCモルタル
2018年07月31日UP
  • 外壁塗装
  • 防水工事
  • マンション
東京都江東区木場Oマンションのお写真
埼玉県川口市戸塚東Nマンション
屋根:スレート瓦、外壁:モルタル
2018年07月17日UP
  • 外壁塗装
  • バルコニー防水工事
  • マンション
埼玉県川口市戸塚東Nマンションのお写真
神奈川県川崎市高津区北見方Wマンション
屋根:ウレタン防水、外壁:ALC+モルタル
2018年07月17日UP
  • 外壁塗装
  • 防水工事
  • マンション
神奈川県川崎市高津区北見方Wマンションのお写真
神奈川県川崎市中原区Rマンション
バルコニー:シンダーコンクリート、外壁:モルタル
2018年07月17日UP
  • 外壁塗装
  • 防水工事
  • マンション
神奈川県川崎市中原区Rマンションのお写真
神奈川県大和市南林間Fコーポ
屋根:シンダーコンクリート、外壁:RCモルタル
2018年7月17日UP
  • 屋上防水工事
  • 外壁塗装
  • マンション
神奈川県大和市南林間Fコーポのお写真
東京都葛飾区堀切Gマンション
屋根:アスファルト防水
2018年07月17日UP
  • 防水工事
  • マンション
東京都葛飾区堀切Gマンションのお写真
東京都品川区南大井Pマンション
外壁:モルタル
2017年11月06日UP
  • 外壁塗装
  • 防水工事
  • マンション
東京都品川区南大井Pマンションのお写真
東京都品川区北品川 Tビル
外壁:モルタル・タイル
2017年11月06日UP
  • 外壁塗装
  • 防水工事
  • ビル
東京都品川区北品川 Tビルのお写真
東京都北区中里Nビル
屋根:タイル、外壁:モルタル
2017年11月06日UP
  • 屋根重ね葺き
  • 外壁塗装
  • 防水工事
  • ビル
東京都北区中里Nビルのお写真
東京都渋谷区富ヶ谷Fビル
屋根:ウレタン密着工法、外壁:モルタル・タイル
2017年10月25日UP
  • 外壁塗装
  • 防水工事
  • ビル
東京都渋谷区富ヶ谷Fビルのお写真
神奈川県川崎市幸区東小倉Rマンション
屋根:塩ビシート機械的固定工法、外壁:モルタル・タイル
2017年10月25日UP
  • 外壁塗装
  • 防水工事
  • マンション
神奈川県川崎市幸区東小倉Rマンションのお写真

工事満足度93% 私たちはお客様満足度100%を目指します

工事満足度
お客様満足度100%を目指すための活動
プロタイムズ総研では工事後にアンケートを実施しています。
お客様から頂いたお叱りの声を全体で情報を共有します。
また、定期的に勉強会や研修会を開催し更なるサービス品質の向上に努めています。

一級塗装技能士22名在籍

一級塗装技能士
国家資格取得の奨励
一級塗装技能士とは都道府県職業能力開発協会が実施する塗装における国家資格「塗装技能士」における最上位の級です。資格取得には技能検定の実技試験と学科試験の両方の試験に合格する必要があります。
プロタイムズ総研ではこの一級塗装技能士の資格取得を奨励しており、資格取得者数が22名(2019年12月現在)と全国でも最大数であると自負しております。

見積もりには正確な外壁面積が必要です

うちの見積もり、坪数計算なんだけど、これは大丈夫?

坪数では正確な外壁面積は出せません。
m2でなく坪数計算で見積もりをだしている業者もありますが、坪数では正確な外壁面積は出せないので要注意です。坪数での計算は延床面積で算出しますが、延べ床面積は同じであっても建物の形状は一軒一軒違いますので、同じ大きさの建物であっても、階数や窓の数が異なる、バルコニーありなしなど、塗る部分が多かったり少なかったりすることがほとんどで、結果として外壁面積は異なる場合が多いです。窓やドアを塗装する人はまずいないと思いますので、当然そうした塗装しない部分も考慮しなければなりませんが、坪数では把握できません。従って、よくチラシや広告で目にする「坪いくら」という金額表現は目安にもならないのです。 正確な外壁面積を調べた上で、見積もりをだしてくれる業者にお願いしましょう
坪数 24坪 24坪
塗装面積 120㎡ 90㎡

坪数(延べ床面積)が同じ住宅であっても、
外壁面積が同じとは限らないので、
「坪いくら」という表現には目安にもなりません。

診断、累計39,462棟以上の診断実績

外装劣化診断士による正確で専門的な診断を行います。

診断
一般社団法人住宅保全推進協会認定資格 | 外装劣化診断士
「外装劣化診断士」は、住宅診断の基礎的な知識を身に付け、住宅の屋根・外壁の劣化状況の基本的な調査、診断・補修、改修工事について提案できる資格。一般社団法人住宅保全推進協会の認定資格です。
資格
写真とプロの説明で分かりやすくご報告!

診断結果の報告書としてDVDにしてお届けします

CAD図面
CADで作成するCAD図面
DVD
ご希望の方にはDVDでお渡し
外装劣化調査診断報告書
外装劣化調査診断報告書
ご希望に合わせて複数のプランもご提案可能
お問い合わせをする
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

求人情報

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。