岩山健一氏

特別対談「岩山健一氏(一級建築士・建築ジャーナリスト)」

せっかく建てた家が、欠陥住宅だったら――。
この誰にでも起こり得る非常事態に対し、一般の消費者はあまりにも無力。そのため近年注目を浴びているのが、建築検査=インスペクションだ。
建築検査はどのようなことをしてくれるのか、欠陥住宅はなぜ生まれ続けるのか。
外装インスペクションを請け負うプロタイムズ総研代表取締役・大友健右と、建築検査で活躍してきた建築ジャーナリスト・岩山健一が縦横無尽に語り合った。

対談者:岩山 健一氏(一級建築士・建築ジャーナリスト)
岩山 健一氏
1956年生まれ。株式会社日本建築検査研究所代表取締役。一級建築士、建築ジャーナリスト。 欠陥住宅問題をいち早く正面から捉え、消費者側の代弁者として現在まで数多くの紛争解決に携わり、その件数はゆうに2000件を超える。テレビ各社報道番組や特別番組、ラジオ等にも出演し2005年からはTBS「今日発プラス」のレギュラーコメンテーター、テレビ東京「完成ドリームハウス」の監修、2007年からはテレビ朝日「スーパーモーニング」欠陥住宅コーナーなども務める。雑誌プレジデント、新聞の連載記事「自分の家は自分で守る」の執筆や、欠陥住宅裁判鑑定人としても活躍。著書にロングセラー「欠陥住宅をつかまない155の知恵」「欠陥住宅に負けない本」「偽装建築国家」などがある。
外装リフォームを検討する際に必ず把握すべき3大事項
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は約10,000件の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。