現場職人

油性塗料

主成分がシンナーなどの有機溶剤でできている塗料を油性塗料と言います。

油性塗料のメリット
油性塗料は耐久性に優れており、雨水にも強い耐性を発揮します。塗料の密着性が良いのもメリットです。また、油性塗料には1液型と2液型があります。1液型はそのまま使える塗料です。2液型はそのままでは使用できません。主剤と硬化剤と呼ばれる2つの材料を混ぜて使います。一度混ぜてしまうと6〜8時間以内に使い切る必要があり、使い回しができないというデメリットがあります。
しかし、特に2液型タイプの油性塗料は、他の塗料に比べて耐久性・密着性ともに大変優れていると言われています。
油性塗料のデメリット
油性塗料のデメリットは使い回しができないことに加え、一般的な水性塗料(水性1液型)と比較すると値段が高いこと、そしてシンナーなどが強い臭気を発生させることです。特に内装の塗装には油性塗料は使えないと言われています。環境への悪影響も懸念されます。また、油性塗料は独自の保管方法を守らないと使い物にならなくなることがあります。最近では「弱溶剤タイプ」と呼ばれる油性塗料が登場しています。これは油性塗料の強い臭気を抑え、環境にも配慮した塗料で、従来の油性塗料より使いやすくなっています。また、水性塗料の中にもメーカーの努力により油性塗料の性能に迫るものが登場してきています。
水性塗料との比較
水性塗料は1液型が一般的です。つまり、そのまま使えて、余ったら保管しておける塗料ということです。水性塗料は臭いがほとんどないため、内装に対しても安心して使うことができます。塗料の主成分が水なので環境にも優しく、保管に関しても特に注意することはありません。つまり扱いに手間がかからず、塗りやすい塗料だと言うことができます。そして何と言っても安価です。
しかしデメリットもあります。まず耐候性は油性塗料と比較すると劣っているのが一般的です。耐摩耗性も低く、気温が低いと施工できないことがあります。
油性塗料の種類
油性塗料を大きく分けると次の6種類があります。
  • アクリル系塗料
  • ウレタン系塗料
  • シリコン系塗料
  • フッ素系塗料
  • 遮熱塗料
  • 光触媒塗料
実は水性塗料であってもこれらの塗料は存在します。アクリル系と言えば水性、ウレタン系と言えば油性というイメージがあるかもしれませんが、水性か油性かは水で希釈するかシンナーで希釈するかで決まるので、塗料の材料や特徴とは区別して考えましょう。
[記事監修者]池上政之(プロタイムズ総研現場革命部)
池上政之
プロタイムズ総研現場革命部課長。一級塗装技能士。塗装職人としての実績が豊富。関連企業としての関わりからプロタイムズ総研へ入社。現場をまとめる役割も担っている。
なお、プロタイムズ総研には多数の一級塗装技能士が在籍しておりますのでよろしければご覧ください。
「本当の外装リフォーム」に出合う本
最高品質の名工たち一級塗装技能士
ここまでやります!外壁・屋根診断
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

求人情報

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。