現場職人

ラッカー

ラッカーとは溶剤を揮発させることによって乾燥する揮発性塗料のことを言います。ニトロセルロース(硝化綿)や樹脂などを溶剤で溶かして作られています。漆もラッカーの1種に分類されます。名前はラックカイガラムシ(分泌物がラッカーなどの製造に用いられていた虫)に由来します。

ラッカー塗料のメリット・デメリット
ラッカー塗料は乾燥が早く、扱いやすい塗料です。乾燥すると硬くなり、耐久性の高い塗面を形成します。磨き上げれば強い光沢が得られ、深みのある仕上がりにすることもできます。しかし、ラッカー塗料は塗膜が薄くなるため、耐候性では他の塗料に劣ります。ブラッシング(白化現象)を起こすこともあります。
ニトロセルロースラッカー塗料
ニトロセルロースラッカー塗料は硝化綿樹脂塗料とも呼ばれます。ラッカー塗料らしく作業性に優れ、速乾性がある塗料です。硬度と柔軟性のバランスが優れていると言われ、光沢や密着性、隠蔽性(覆い隠す性質。下地などが透けず、きれいな発色を期待できる)においても高い水準を誇ります。補修が容易で、塗料調合しても長く使用できるため塗装コストが抑えられるメリットもあります。高級家具の塗装や建築の内装に使われる他、産業機械、事務機械などの塗装にも使われます。デメリットとしては耐シンナー性がない(乾燥してもシンナーで溶けてしまう)ことが上げられます。また、耐湿熱性、耐候性で劣るため、屋外などでの使用には適していません。
アクリルラッカー塗料
アクリルラッカー塗料はニトロセルロースとアクリル樹脂を主体に作られた塗料です。主に木材やプラモデルの塗装に使われます。速乾性に特に優れるのが特徴で、耐候性も高く、ラッカー塗料の弱点を補った塗料となっています。アクリルラッカー塗料は変色しないため、家具などによく使われる塗料です。高耐久を謳ったアクリルラッカー塗料もあり、紫外線や酸性雨、錆などにも強い製品となっています。
クリヤラッカー、ハイソリッドラッカー
顔料の入っていないラッカー塗料をクリヤラッカーと言い、クリヤラッカーの耐候性を強化するために樹脂分量を多くした塗料はハイソリッドラッカーと呼ばれています。クリヤラッカー塗装は高級塗装と位置づけられており、上塗りで使われます。他にも艶なしクリヤラッカー塗料が存在します。
水性ラッカー
ラッカー塗料は溶剤を使うため健康上の危険と環境への悪影響が昔から問題視されてきました。最近では毒性が極めて低い水性ラッカーが登場しています。
[記事監修者]池上政之(プロタイムズ総研現場革命部)
池上政之
プロタイムズ総研現場革命部課長。一級塗装技能士。塗装職人としての実績が豊富。関連企業としての関わりからプロタイムズ総研へ入社。現場をまとめる役割も担っている。
なお、プロタイムズ総研には多数の一級塗装技能士が在籍しておりますのでよろしければご覧ください。
最高品質の名工たち一級塗装技能士
ここまでやります!外壁・屋根診断
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

求人情報

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。