現場職人

マンセル記号

マンセル記号とは、色を表す記号の一種で、マンセル値とも呼ばれます。マンセル記号を用いて色を表現する方法はマンセルカラーシステム、マンセル表色系、マンセル色体系、マンセルシステムなどと呼ばれ、色彩を色の3属性(色相・明度・彩度)によって表現します。色相は色合い、明度は色の明るさ、彩度は色の鮮やかさを示します。単純に赤、青と言うときは色相、「黄色が弱いな。もうちょっと強い黄色がいいな」などと言うときは彩度のことを指しています。
マンセル記号は1905年にアメリカのアルパート・H・マンセルによって創案されたのでこの名があります。建築の分野でもマンセル記号は用いられています。例えば様々な建材のパンフレットなどを見るとマンセル記号が記されている場合があります。

マンセル記号の表記法
マンセル記号は5Y7/1(ごーわいのなないち)などと表記されます。この値は色を表現しています。色には無彩色と有彩色の区別があります。
無彩色は、白、黒、グレーのように色味がない色のこと。有彩色は、赤、緑、黄、青、紫のように色味がある色のことです。無彩色には色味がありません。これは「彩度」がない(彩度が0)ということで、無彩色には「色相」と「明度」しか存在しません。しかし無彩色は色相にも区別がないので、後は明度によって区別します。例えば「N7(えぬなな)」というマンセル記号は薄いグレーを表します。Nはニュートラルの意味で色相を表し、7は明度を表します。この数字は1〜9.5まであり、1に近いほど黒く、9.5に近づくほど白くなります。これに対し有彩色には色相も彩度もあります。
5Y7/1と表記されていれば、5Yが色相、7が明度、1が彩度を表しています。5Y7/1はライトベージュになります。アルファベットにはN(無彩色)の他にR(赤)、YR(黄赤)、Y(黄)、GY(黄緑)、G(緑)、BG(青緑)、B(青)、PB(紫青)、RP(赤紫)が用いられ(10色相)、アルファベットの前に付く番号は1から10までに分かれます。マンセル記号はマンセル色相環という丸い図で表されますが、例えばY(黄)はYR(黄赤)と隣り合っています。Yは0Y〜10Yというように段階的に表記されますが、0Yは10YRと同じです。つまりYの値が0に近づくほど黄赤に近づいていくことになります。
色が一致しない!?
建築塗料の場合は調合できる色に限界があります。また、広く用いられている色見本として日本塗料工業会の定めた塗料用標準色を網羅したものがありますが、他の色見本帳と比較した場合にマンセル記号が同じでも色が一致しない場合もあります。細かい色の違いまで把握したい場合は実物を見るか、実物のサンプル見本を見た方が良いでしょう。なお、日本塗料工業会が定めた日塗工番号・色票番号という色番号もあり、マンセル記号と共に広く使われています。日本塗料工業会発行の色見本には実際に塗料で調色できる色のみ掲載されています。
[記事監修者]池上政之(プロタイムズ総研現場革命部)
池上政之
プロタイムズ総研現場革命部課長。一級塗装技能士。塗装職人としての実績が豊富。関連企業としての関わりからプロタイムズ総研へ入社。現場をまとめる役割も担っている。
なお、プロタイムズ総研には多数の一級塗装技能士が在籍しておりますのでよろしければご覧ください。
「本当の外装リフォーム」に出合う本
最高品質の名工たち一級塗装技能士
ここまでやります!外壁・屋根診断
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

求人情報

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。