現場職人

クリアー塗料(サイディング用)

サイディング(外装材)の仕上げで最近よく使われるようになっているのがクリアー塗装仕上げです。クリアー塗料、つまり透明な塗料を使って塗装を仕上げるというものです。

クリアー塗装の利点
クリアー塗料を使うことの利点は、既存のサイディングの模様を残したまま塗り替えが可能になるということです。オリジナルの外壁が気に入っていても、いずれは手入れが必要になります。そのときに通常の塗料を使えば、壁一面が同じ色になるのは仕方ないことです。しかし、オリジナルと同じにはなりませんから、新築時の色味・雰囲気は失われてしまいます。そこでクリアー塗料を使えば、オリジナルのデザインを損なうことなく壁を一新することができます。 なお、クリアー塗料というと何だか頼りなく思われる方もいるかもしれませんが、通常の塗料と比べて耐久性が劣るということはありません。
クリアー塗料が有効な建物
クリアー塗料は透明なので、当然色が落ちたり、色が褪せたりしている外壁には使えません。クリアー塗料が有効なのは、一つは外壁が二色以上のサイディングで構成されている場合です。先に述べたとおり、通常の塗料では全面が同じ色になってしまいます。単色のサイディングであれば問題ないのですが、色が複数ある場合はクリアー塗料が適しています。もう一つは、外壁を保護しながらデザインは活かしたい場合です。具体的にはタイルやレンガなどの意匠性の高い家、窯業サイディングの家ではクリアー塗料が威力を発揮します。
クリアー塗料は無色透明ですが、塗るとつやが出て、彩度も増します。このため色落ち・色褪せをしていない壁に使えば、塗装前よりも濃い色になって、新築時のような状態になることが期待できます。
クリアー塗料の種類
クリアー塗料にもいくつか種類があります。通常の塗料のようにアクリル樹脂・ウレタン樹脂・シリコン樹脂・フッ素樹脂などがあり、値段や耐久性に違いがあるので、それぞれ使い分けられています。最も耐久性が高いと言われるフッ素樹脂塗料の場合は、防カビ、防藻効果がある製品もあります。最も高価な部類の塗料ですが、それだけの価値はあると言えるでしょう。最近では無機クリヤー塗料と呼ばれる製品もあります。火災に強く、耐汚染性はフッ素をしのぐなど、超高耐候性を謳っています。
また、従来のクリヤー塗料では紫外線、赤外線等の劣化要因を防げないという問題があったのですが、最近ではUVプロテクト機能を持ったクリアー塗料も登場しています。
[記事監修者]池上政之(プロタイムズ総研現場革命部)
池上政之
プロタイムズ総研現場革命部課長。一級塗装技能士。塗装職人としての実績が豊富。関連企業としての関わりからプロタイムズ総研へ入社。現場をまとめる役割も担っている。
なお、プロタイムズ総研には多数の一級塗装技能士が在籍しておりますのでよろしければご覧ください。
「本当の外装リフォーム」に出合う本
最高品質の名工たち一級塗装技能士
ここまでやります!外壁・屋根診断
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

求人情報

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。