現場職人

パース

パースとは、パースペクティブ(遠近法)の略で、遠近を表す透視図法のことです。建築の分野では、建物の外観や室内を立体的な図法で表したものを言います。パース、または建築パースと呼ばれます。絵画の技法としても用いられ、やはりパースと呼ばれていますので、ここでは建築分野で用いられる図法を建築パースと表記します。建築パースは不動産関係の人だけでなく、設計士やインテリア関係などに従事する人にとっても欠かせないものとなっています。

建築パースの概要
建築パースの目的は、図面などではわかりにくい建物全体のイメージを提供することです。主に建物の完成予想図(後述)として用いられます。 建築パースには建築の外観を描いたものと室内を描いたものがあり、外観を描いたものを外観パース、室内を描いたものを内観パースと言います。いずれのパースも建物の図面に基づいて描かれていることが特徴で、全体像をイメージする上で役立つようになっています。
ただし、植栽(敷地に植えられる多種多様な樹木や草花のこと)、外構(塀・門・植栽・庭・車庫・アプローチなど、建物の周りのこと。エクステリアとも言う)などは実際と異なることがほとんどですが、建築パースには必ずそのことが明記されるようになっています。
完成予想図
マンションの広告やチラシ、パンフレットや物件のホームページなどにはCGやイラストによって美しい建物が描かれていることがあると思います。建物が完成した時にどうなるのか、完成した場合のイメージを図示したものを完成予想図と言います。完成予想図は建築パースを使って図面から描き起こしますので、建物のイメージを掴むためには大変便利なものです。完成予想図には大変精密なものもあり、実物の写真ではないかと見間違うほどの出来映えのものもあります。
ただし、建物そのものは完成品に忠実に描かれているかもしれませんが、周辺環境もそうだとは限りません。先に述べたように外構は別扱いなこともありますし、植栽なども実際とは異なることが多いでしょう。例えばこれから植栽を施していこうという場合でも、完成予想図では建物の美観を引き立てるために、植栽が成長したという想定で緑豊かな周辺環境を描き込んでいる場合もあります。さらに、実際の建物の周りには商店などが迫っていたり、電柱や電線があったりするものですが、描かれていないことが多いようです。
完成予想図には、植栽などが実際と異なることと共に、完成〝予想図〟であることも明記されています。そのことを念頭に置きながら参考にしたいものです。
[記事監修者]池上政之(プロタイムズ総研現場革命部)
池上政之
プロタイムズ総研現場革命部課長。一級塗装技能士。塗装職人としての実績が豊富。関連企業としての関わりからプロタイムズ総研へ入社。現場をまとめる役割も担っている。
なお、プロタイムズ総研には多数の一級塗装技能士が在籍しておりますのでよろしければご覧ください。
「本当の外装リフォーム」に出合う本
最高品質の名工たち一級塗装技能士
ここまでやります!外壁・屋根診断
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。