雨漏り写真

雨漏りが止まらない

雨漏りが起きた時に塗装会社へ依頼しても必ずしも解決となりません。塗装会社の業務は屋根や外壁を塗装することです。つまり屋根や外壁を塗装することで雨漏りを止めようとすることしかできません。しかし塗装をすることで雨漏りは一時止まるかもしれません。けれども原因を究明し解消しないと再び雨漏りが発生する可能性が高まります。雨漏りの解決は安易に塗装をすれば良い訳ではありません。解決には時間もかかるし手間暇もかかります。雨漏りは一箇所と限らず複数箇所が原因であることもございます。雨漏り解決は根気が必要です。

主な雨漏りの原因
  1. スレート瓦の隙間・ひび割れ
    スレート瓦は軽量で耐久性も高く比較的安価のため普及している素材ですが、敷き詰めたスレート瓦の隙間やひび割れから雨水が侵入することがあります。縁切りしていないスレート瓦だと溜まった雨水が外へ逃げ出せず家の内部へ流れてしまいます。
  2. 雨樋の不備
    雨樋は屋根の水を地上や下水へ流すためのものですが、この雨樋の詰まりが原因で建物内部へ水が入ることもあります。
  3. 棟板金の浮き
    棟板金は本来ビスでしっかりと固定されているのですが、経年でビスが甘くなり浮きが目立つようになります。浮いた隙間は雨水が入る道筋となります。
  4. コーキングの剥がれ
    外壁や屋根の棟板金の繋ぎ目部分の隙間を埋めているコーキング材も劣化により剥がれてきます。コーキングの剥がれはそのまま雨水の侵入経路になります。
  5. 漆喰の崩れ
    日本瓦などの接着に使われる漆喰の崩れも雨水の進入口となります。漆喰は他の建材との接合部に隙間が生じやすくひび割れも起こしやすいので注意が必要です。
  6. 外壁のひび割れ(クラック)
    外壁のひび割れも放置しておくと雨漏れの原因になる可能性があります。例え小さなひび割れが原因で家の内部が腐ってしまうこともあります。築浅だから大丈夫ということはないので、ひび割れを見つけたときは専門業者へ相談した方が良いといえます。
工事中に近隣からクレームが起きた…
近隣からクレームが起きないために
「本当の外装リフォーム」に出合う本
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は約10,000件の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。