屋根塗装リフォーム工事について

普段登らないので状況を見ることがあまりない屋根。屋根は紫外線を直接受けるためお家の中で劣化が一番激しい箇所です。まずは屋根の状態を把握してしかるべき屋根リフォームの準備をしておくべきでしょう。

屋根塗装のポイント

時期について
屋根塗装はおよそ10年おきくらいに行うべき、そのようにお考えの方が多いことでしょう。しかし以前の塗装から10年経過していなくても屋根の劣化状況によっては塗り替えが必要な場合もあります。例えば以下のような状態が現れたときは注意が必要です。一度専門家に見てもらうことをお勧めいたします。
  1. 苔や汚れ
    屋根は紫外線を直接受けるので住宅で一番劣化が激しい場所です。経年劣化や酸性雨などで塗膜が剥がれると色が褪せコケが発生します。
  2. 浮き、ビス抜け
    屋根の中央部の棟板金。このビスが抜けて浮いてしまっていたら注意が必要です。雨水が内部へ入り込む経路となるので補修工事が必要です。
  3. クラック(ひび割れ)
    屋根の瓦部分でひび割れがあるときも注意が必要です。ひび割れ部分は雨水が侵入する経路となります。雨漏りの原因にもなるので放っておくべきではありません。
屋根の苔や汚れ
ビス抜け
施工技術について
良い塗装工事をするには下地が大事です。屋根塗装をする場合、下地処理として高圧洗浄・タスペーサー設置(瓦と瓦が塗料でくっつかないようにするための板)、錆止めを行います。まず高圧洗浄で苔や垢など既存の汚れを撤去します。そしてタスペーサーによる縁切りを行います。棟板金や雪止めといった鉄製の部分に錆止めをします。
そしてここからが実際の塗装の作業です。温度と湿度、そして時間を管理しながら塗装をします。温度は気温が5度以下のときは塗装に適さないため施主様にご説明の上工事を行わない場合があります。また下塗りと中塗りの間、中塗りと上塗りの間は気温と湿度から適切な乾燥時間を設けます。適切な間隔を取らないと3回塗っても1度の厚塗りと同じことになってしまいます。
屋根塗装
塗料について
屋根には少し上げただけでもスレート屋根、瓦屋根、ガルバリウム鋼板とたくさん種類があります。それぞれの屋根材に適した塗料があります。また屋根の状態によっては塗り替えなのか葺き替えなのか、カバー工法なのか、補修だけで良いのかなどメンテナンス方法が変わります。この見極めが非常に難しく見てすぐに判断できるものではありません。だからこそ塗装前に屋根の状態を診断する必要があるのです。
アステック塗料
施工工事全般について
施工は工事を行う現場だけ考えればいい訳ではありません。まずは施主様の近隣のお宅へご挨拶をさせていただきます。塗装工事は近隣の方のご理解があって初めて成立します。工事期間や工程の説明をきちんといたします。また施工中も施主様や近隣の方々に対しても誰が工事の責任者なのか、など一目でわかる安心ボードを必ず現場に設置します。施主様はもちろんのこと、近隣の方々もちょっとしたことを気軽に職人に質問できるようにしております。
弊社では施主様のご要望をお伺いした上、足場に夜間用心のためのセンサーライトを設置しています。足場で囲まれても防犯面で不安がないように努めております。なお、ご契約内容に即した材料を搬入し必ず写真に収めます。そして施工で塗料を使い切っていることも写真に残します。これは材料を薄めずに必要量使用していることの証です。
安心ボード
小さなひび割れが雨漏れの原因となることも…
雨漏り防水リフォーム工事について
外装リフォームを検討する際に必ず把握すべき3大事項
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は約10,000件の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。