施工の流れ

外壁塗装の流れ

仮設足場
足場は外壁塗装工事の品質を大きく左右します。足場をしっかりと用意することで職人も安心して仕事に取り組むことができます。品質の高い施行には重要です。
プロタイムズ総研では職人の安全だけでなく近隣様の安全にも配慮いたします。足場を覆うように飛散防止用のネットを張るのは塗料が近隣の建物につかないようにするためです。
また防犯のために、防犯シートと防犯センサーライトを家の周り数カ所に設置いたします。
仮設足場
高圧洗浄
外壁についた汚れ、藻、苔、古い塗料、チョーキングの粉などを洗い落とす作業が高圧洗浄です。塗料を壁に密着しやすくするために、壁の不純物を取り除きます。
外壁塗装において塗料本来の機能を活かすために、高圧洗浄で汚れを落とすことが大切になります。
高圧洗浄
養生作業
塗料がつくと困る場所にビニールで覆い保護する作業を養生(ようじょう)といいます。
塗料がつかないように全ての箇所を保護するため非常に手間がかかる作業となりますが、塗装の仕上がりに影響するため養生はしっかりと行います。
養生作業
クラック処理
外壁のヒビ割れが生じた箇所に処理を施します。クラック処理は専用のシーリングを下塗り前に充填します。
ヒビが0.3ミリ以上ある場合は構造クラックといい、表面だけではなく構造にも影響があります。そのためしっかりと充填し対処します。
クラック処理
下塗り
お化粧に例えると下地クリームに該当するものが下塗りです。下地と上塗りの塗料を密着させる接着剤のような役割を担います。
下塗りは非常に重要な作業です。不完全である場合、塗料が剥がれるなどトラブルの原因となります。
下塗り
中塗り
塗料の本来の機能を発揮するためには一定の厚さで塗る必要があります。塗料メーカー基準の塗布量(厚さ)で塗ることで効果も持続できます。
中塗りは塗膜の厚みを確保するために行う行程となります。
中塗り
上塗り
最後の仕上げとして行うものが上塗りです。塗料に十分な厚みを持たせることができます。
全ての行程が完了後、お施主様立会いのもと施行箇所の検査を行います。必ずお施主様にご確認いただきます。その上で足場を解体しお引き渡しとなります。

屋根塗装の流れ

高圧洗浄
屋根の上の汚れ、藻、苔、古い塗料、チョーキングの粉などを洗い落します。高圧洗浄は屋根の不純物を取り除き、塗料が屋根に密着しやすくなります。
高圧洗浄は非常に大切で、汚れを落とすことで塗料本来の機能を生かすことができます。
高圧洗浄
下塗り
お化粧に例えるなら下地クリームに該当するものが下塗りです。屋根塗装においてももちろん行います。下地と上塗り塗料を密着させる役割があります。
下塗りが不完全な場合、塗料が剥がれるといったトラブルの原因になります。非常に重要な行程となります。
下塗り
縁切り
縁切りとは屋根塗装後に雨水の排出するための溝を塞いでしまった塗膜をカッターなどで切る作業です。下塗り後に行います。
従来の縁切りでは屋根を傷つけてしまうという問題がありましたが、プロタイムズでは「タスペーサー」という工具を用いて屋根破損を防ぎます。
※スレート瓦のみの工程になります。
スレート瓦(別名:コロニアル・カラーベスト) 内容成分:セメント85% 石綿15%
縁切り
中塗り
塗料メーカー基準の塗布量(厚さ)で塗ることで、塗料本来の機能を発揮し、効果を持続させることができます。
中塗りをすることで、塗膜の厚みを確保します。
中塗り
上塗り
最後の仕上げとして行う上塗りは塗料に十分な厚みを持たせます。全ての施行完了後にお施主様立会いのもと、施工管理者による完了検査を行います。
上塗り

諸部位塗装

軒天塗装
軒天(のきてん)とは屋根のうち、外壁より外側に飛び出している部分の裏側を指します。この軒天も塗装いたします。
軒天塗装
破風塗装
破風(はふ)とは屋根の側面にある三角形部分のことです。破風の塗装ももちろん行います。
破風塗装
樋塗装
樋(とい)とは雨水を外へ流しだす部分です。樋の塗装も丁寧に行います。
樋塗装
外壁塗装・屋根塗装の費用について…
料金・金額の目安
「本当の外装リフォーム」に出合う本
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は約10,000件の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。