外壁塗装のツートンカラーの成否は配色次第です

ツートンカラー

基本は上を薄く、下を濃く

外壁塗装を見ていると2色に塗り分けられているものがあります。こういったツートンカラーの施工はけっこう多いですね。上と下で異なる外壁が用いられている新築の家もざらにありますから。基本は下が濃くて上が薄い色でしょうか。たまに上の方が濃い場合もありますが、そういう外壁は色味からして上下で違っていたりします。通常は同じ系統の濃い色、薄い色が上下で分かれているものが多いですね。あるいは下が重いグレーで上がクリーム系とか。色味が違っていてはっきり区切るような配色ですね。

ツートンカラーは「区切り」のある家に多い

2色に分ける場合は、塗料の種類が違う場合も結構あります。外壁の種類やデザインが変われば、適している塗料も変わる。 場所によって塗料の性能を変えるわけです。汚れやすい所には汚れにくい塗料を使う。

幕板(横長の板)が多かったり、 窓トリム(窓周りの装飾)があったり、洋風の家ではツートンカラーが比較的多いですね。サイディングだけ色が違ったり。サイディングの間に幕板が入っていたりすると同じサイディング材でも色を変えたりします。色の区切りが作れるデザインの家ではツートンカラーが多いかもしれません。当然、リフォームする時は単色よりも色分けされている方が手間がかかります。

特殊な依頼では、「区切れる場所ですべて色を変えてくれ」みたいな家がありましたね。色を区切れる場所がとても多くて。 段差ごとに色が変わっていって、最後は何と言うか、縁取られたような家に仕上がりました。 メリハリがつきましたね(笑)。

カラーチャート

ツートンカラーは破綻することも

ツートンカラーは色の選び方によってはカッコ悪くなることもあります。あるいは色を増やしすぎて、うるさくなってしまうこともありますね。 全体として、色を分けすぎないことが大事なのではないでしょうか。カッコ良く仕上げるためには、色を分けすぎず、基本的には上を薄く下を濃くすれば、あまりおかしくなることはないと思います。あとは、赤と黄色など、奇抜な配色は避けるとか。同系統の色で、上を白っぽくすればまとまりは良くなるはずです。下が濃い色の方が安定するでしょう。屋根もあまり奇抜な色にせず、1階部分と似た系統の色を使った方がまとまりやすいのではないでしょうか。

池上

お勧めはオーソドックスなツートンカラー

逆にツートンカラーで決まりやすい色と言えば、茶色やクリーム色の系統でしょうか。やはり下を濃いめの色にするとうまく仕上がると思います。色を決める上では1階部分が重要だと思います。下の色を見て上の色を決める、みたいな。近くを通る人は1階部分が目に入るでしょうしね。

ただ、色は住む人が決めることです。好みの部分については口出しできませんし、やはり住まれる方が気に入ることが一番大切。でも、長く住む家だし、塗料も長持ちするものが増えています。「3年経ったら塗り替える」と言うのであればどんな色でもかまわないかもしれませんが、実際には小学校に入学した子供が中学生になるぐらいまでは塗り替えないことが多いでしょう。お勧めするとしたらオーソドックスな配色からあまり外れないようにして、派手な色の場合でもなるべく薄めの色に抑えたりしたいですね。飽きの来ない色の方がいいと思います。

実際に4年くらいで塗り替える方もいます。色が気に入らなくなる以外にも、少し不具合が出始めると「まとめてやっちゃえ!」という方がいるんですね。4~5年経つと家が傷み始めて、それから2~3年経つと傷みが進行し、やがて塗り替えのタイミングになります。塗料の状態は塗った時がピークで、後は徐々に下がっていくのですが、「塗料の性能が落ち始めた」ということを重視すると、4~5年くらいで兆候が見えたりするのかな、と思います。

[執筆者]池上政之(プロタイムズ総研現場革命部)
池上政之
記事をご覧いただきありがとうございます。当ブログ記事は現場職人の視点から一般的な色について解説しています。
なお、プロタイムズ総研では実際の施工現場にて随時勉強会を開催しています。職人の立場から手抜き施工を防ぐ方法や屋根・外壁の劣化状態の見極め方などご説明いたします。参加費も無料となりますのでよろしければご参加ください。正しい塗り替え勉強会(施工現場見学会)についてはこちらをご覧ください。お待ちしております。
「本当の外装リフォーム」に出合う本
最高品質の名工たち一級塗装技能士
ここまでやります!外壁・屋根診断
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。