東京都小金井市貫井南町 S様邸外壁屋根塗装施工事例

東京都小金井市貫井南町 S様邸の外観
地域
東京都小金井市貫井南町
屋根材
スレート瓦(63.5m2
外壁材
モルタルリシン(71.95m2
完工日
2015年09月22日
屋根:カーボングレー|外壁:オフホワイト

S様邸の施工写真

  • 施工前(S様邸)
    施工前
  • 施工後(S様邸)
    施工後

屋根下地処理

屋根の塗装前に下地処理をします。まず高圧洗浄をして既存の汚れを撤去します。苔や垢の上から塗装をすると数年で剥離や膨れとなることがあります。施工不良を防ぐためにも下地処理をしっかりとします。ケレン作業は棟板金や雪止めといった鉄部に行います。ケレンをして目粗しをすることで塗料が吸着しやすくなります。

屋根高圧洗浄
【屋根高圧洗浄】
棟板金ケレン作業
【棟板金ケレン作業】
棟板金錆止め
【棟板金錆止め】

スレート瓦は雨漏り対策のために縁切りをします。縁切りはタスペーサーという器具を使います。タスペーサーを設置することで自然と隙間を作り雨の逃げ道を作ります。また棟板金のビスが抜けているところは新しくビスを打ち替えます。

屋根タスペーサー設置
【屋根タスペーサー設置】
棟板金ビス抜け
【棟板金ビス抜け】
棟板金ビス打ち替え
【棟板金ビス打ち替え】

屋根塗装

屋根は下塗り、中塗り、上塗りと3回塗ります。各工程間は塗料メーカーが定める塗り重ね乾燥時間を遵守します。乾燥時間を守らないと膨れや剥離といった施工不良となる可能性があるからです。

屋根下塗り
【屋根下塗り】
屋根中塗り
【屋根中塗り】
屋根上塗り
【屋根上塗り】

外壁下地処理

外壁もしっかりと下地処理をします。塗料は納品された数をきちんと数えます。弊社はお見積もり時に塗料を缶数で明記します。なぜ屋根外壁の面積を算出しているかというと塗布面積がわかれば必要な材料の数が明確になるからです。納品した材料を全て使えば他の現場からの塗料の使い回しや少ない材料で施工を終わらすといった不良施工は防げるからです。

塗料缶
【今回使用の塗料缶】
外壁高圧洗浄
【外壁高圧洗浄】
養生
【養生】

木部や鉄部はしっかりとケレンをします。この工程を経ないと塗料が吸着しづらいからです。

雨樋ケレン作業
【雨樋ケレン作業】
外壁クラック
【外壁クラック】
外壁クラック補修後
【外壁クラック補修後】

外壁塗装

塗布面積を守る。前述の通り塗布面積を守り塗料を薄めて使用するなどといった手抜き施工はしません。

外壁下塗り
【外壁下塗り】
外壁中塗り
【外壁中塗り】
外壁上塗り
【外壁上塗り】

付帯部塗装

付帯部分はケレンをした上で塗ります。またエアコンのホースを巻き替えたりガラスの表面も拭きます。

雨樋上塗り
【雨樋上塗り】
水切り上塗り
【水切り上塗り】
小庇上塗り
【小庇上塗り】
エアコンホース巻き替え
【エアコンホース巻き替え】
ガラス表面拭き
【ガラス表面拭き】

S様邸担当者の声

石川診断士
9月の長雨によって工期が延びてしまいましたが、ご旅行出発までに間に合わすことができてなによりです。気分新たにご旅行を楽しんでいただきたく思います。今後、長いお付き合いとなりますが何卒よろしくお願いいたします。
「本当の外装リフォーム」に出合う本
最高品質の名工たち一級塗装技能士
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。