東京都新宿区 T様邸 外壁塗装施工事例

東京都新宿区 T様邸の外観
地域
東京都新宿区
屋根材
外壁材
ALC(167.03m2
完工日
2015年04月29日
屋根:なし|外壁:EC-2000F 8081バーチグレー

T様邸の施工写真

  • 施工前(T様邸)
    施工前
  • 施工後(T様邸)
    施工後

下地処理

今回は外壁の補修と塗装、および付帯部分の塗装を行いました。まず納品された塗料を写真に残します。弊社では外壁の面積を実寸で測り、CADで図面を起こします。外壁の面積から塗らない部分を省き塗布面積を算出します。塗るべき面積がわかれば必要な材料が判明します。その材料が正しく納品されているかきちんと検査しています。
施工の流れとしてはまず高圧洗浄を行い既存の汚れを除去します。高圧洗浄は苔や垢といった長年の汚れを落とし塗料が外壁に密着しやすくするために行います。塗装を汚れの上から行っても数年後に剥離する可能性があるため洗浄は必ず行います。

塗料缶
[今回使用の塗料]
外壁高圧洗浄
[外壁高圧洗浄]
養生
[養生]

外壁の古いシーリングは撤去してから新しく打ち替えます。またひび割れ箇所は雨漏りの原因になりえるため、補修をしてから塗装をします。

プライマー塗布
[プライマー塗布]
シーリング増打ち
[シーリング増打ち]
外壁クラック補修
[外壁クラック補修]

外壁塗装

外壁は3回塗りをします。また各工程間に塗り重ねの乾燥時間を塗料メーカーが定める規定時間を守ります。この乾燥時間を守ることで塗料が乾き塗り重ねて厚みが作れます。厚みはほんの数ミリのものですが、下塗り〜中塗り〜上塗りと正しく重ねることで雨風から家を守るという塗料の役割を担えます。

外壁下塗り
[外壁下塗り]
外壁中塗り
[外壁中塗り]
外壁上塗り
[外壁上塗り]

付帯部分塗装

付帯部分は木部や鉄部といったそのまま塗料を塗っても密着しづらい箇所なので、下地でケレンをしてから塗装をします。

雨樋錆止め(下塗り)
[雨樋錆止め(下塗り)]
雨樋上塗り1回目
[雨樋上塗り1回目]
雨樋上塗り2回目
[雨樋上塗り2回目]
小庇錆止め(下塗り)
[小庇錆止め(下塗り)]
小庇上塗り1回目
[小庇上塗り1回目]
小庇上塗り2回目
[小庇上塗り2回目]

東京都新宿区 T様邸お客様の声

  • 東京都新宿区 T様邸のお客様の声
  • 東京都新宿区 T様邸のお写真

T様にインタビューにご協力いただきました

今回、弊社にご依頼いただいた理由を教えてください
ていねいな説明で全て納得できるものでした。
ご提案の際、担当者の説明はわかりやすかったですか?
不明な点をおたずねすると納得いくまで説明して下さりました。朝、いらっしゃる時刻が一定ではありませんでしたが(車の渋滞によるものでしょうか?)、お仕事はきちんと仕上げてお帰りになっていたので、安心してお任せできました。
施工期間中の現場職人の対応はいかがでしたか?
大変満足しております。外構もきれいに洗浄清掃していただきありがとうございました。
まるで新築の様な仕上がりで、私も娘も大変喜んでおります。ありがとうございます。

T様邸担当者の声

長根診断士
この度は外壁の塗り替えをプロタイムズ総研にご依頼頂き、誠にありがとうございました。塗料は機能性に優れたアステックペイントのEC-2000Fを使用しています。仕上がりに対して、T様の「キレイ!」「満足です!」のお言葉が何よりも嬉しかったです。今後も長くお付き合い出来れば幸いです。
「本当の外装リフォーム」に出合う本
最高品質の名工たち一級塗装技能士
ここまでやります!外壁・屋根診断
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。