神奈川県横浜市保土ヶ谷区 M様邸 屋根外壁塗装 施工事例

神奈川県横浜市保土ヶ谷区 M様邸の外観
地域
神奈川県横浜市保土ヶ谷区
屋根材
スレート(999.99m²)
外壁材
モルタル(999.99m²)
完工日
2014年10月31日
屋根:-|外壁:-

M様邸の施工写真

  • 施工前(M様邸) 施工前
  • 施工後(M様邸) 施工後

屋根下地処理

屋根塗装前に下地処理をします。棟板金や雪止めといった鉄製の部分は錆止めを塗ります。またスレート瓦は一定のスレート材をタイル状に敷き詰めますが、隙間から水が染み込みます。この水の逃げ道をタスペーサーで縁切りをして作ります。縁切りをしないと水が外へ出られずに家の内部へ浸透します。雨漏れの原因にもなるので処置が必要です。

屋根錆止め
屋根錆止め
屋根タスペーサー設置
屋根タスペーサー設置
屋根クラック補修
屋根クラック補修

屋根塗装

屋根塗装は三度塗りをします。弊社はお見積もりのときに塗料を缶数で提出します。塗料缶を明記できる理由はお見積もり前に現地調査を行い屋根・外壁の面積を算出しているからです。塗布面積を出すことで必要な塗料缶数が明確になるので、少ない塗料で塗ったり、材料を使い周りしたりといった不良施工(手抜き施工)をしていないことの証明となります。

屋根下塗り
屋根下塗り
屋根中塗り
屋根中塗り
屋根上塗り
屋根上塗り

外壁下地処理

外壁もまず高圧洗浄後にひび割れなどのクラックを補修してから塗装をします。下地処理をせずに塗装をすると数年後に塗膜が剥がれたりといった不良施工の原因になります。

今回使用の塗料缶
今回使用の塗料缶
外壁クラック補修
外壁クラック補修
付帯部分クラック補修
付帯部分クラック補修

外壁塗装

外壁も屋根同様に三回塗ります。塗装はただ3回塗ればよい訳ではなく、塗装後に塗料メーカーが定める乾燥時間を空ける必要があります。塗料メーカーは塗料ごとに品質を保つために乾燥時間を明記しています。この乾燥時間を守らないと工期を短縮できますが、当然塗料メーカーが品質を保証できません。

外壁下塗り
外壁下塗り
外壁中塗り
外壁中塗り
外壁上塗り
外壁上塗り

付帯部塗装

付帯部分も下地処理後に3回塗装をします。屋根・外壁同様ですね。

軒天下塗り
軒天下塗り
軒天上塗り1回目(中塗り)
軒天上塗り1回目(中塗り)
軒天上塗り2回目
軒天上塗り2回目
鉄部下塗り
鉄部下塗り
鉄部中塗り
鉄部中塗り
鉄部上塗り
鉄部上塗り

M様邸担当者のメッセージ

岡田課長診断士
この度は屋根外壁塗装をプロタイムズ総研にご依頼いただきましてありがとうございます。モルタル外壁で塗膜防水性が著しく低下していた為、冬場に浸入した雨水が内部で凍結し、ひび割れがとても多い状況でした。今回お選びいただきましたEC-2000Fは高伸縮性のあるひび割れに強い塗料ですので、もうご安心下さい。これからも宜しくお願い致します。

M様邸以外の施工事例はこちら

神奈川県保土ヶ谷区 T様邸
外壁:モルタルシリン・タイル
  • 付帯部塗装
  • 外壁塗装
南町のお写真
神奈川県保土ヶ谷区 U様邸
外壁:モルタル
  • 付帯部塗装
  • 和瓦補修
  • 外壁塗装
南町のお写真
神奈川県保土ヶ谷区 K様邸
屋根:スレート、外壁:モルタルシリン・タイル
  • 付帯部塗装
  • 外壁塗装
南町のお写真
神奈川県保土ヶ谷区 K様邸
屋根:スレート、外壁:サイディング
  • シーリング工事
  • 付帯部塗装
  • 外壁塗装
  • 屋根塗装
南町のお写真
神奈川県保土ヶ谷区 M様邸
屋根:スレート、外壁:金属サイディング
  • 付帯部塗装
  • 外壁塗装
  • 屋根重ね葺き
南町のお写真
神奈川県保土ヶ谷区 T様邸
屋根:スレート、外壁:モルタル
  • 付帯部塗装
  • 外壁塗装
  • 屋根塗装
南町のお写真
最高品質の名工たち一級塗装技能士
ここまでやります!外壁・屋根診断
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

求人情報

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。