神奈川県横浜市旭区 S様邸 屋根重ね葺き外壁塗装施工事例

神奈川県横浜市旭区 S様邸の外観
地域
神奈川県横浜市旭区
屋根材
重ね葺き(146.9m2
外壁材
鋼板壁(127.81m2
完工日
2014年11月11日
屋根:ハーバードスレート|外壁:サンダルウッド

S様邸の施工写真

  • 施工前(S様邸)
    施工前
  • 施工後(S様邸)
    施工後

屋根重ね葺き工事

今回屋根は重ね葺き工事を行いました。重ね葺き工事はカバー工法ともいいます。今までの屋根を撤去せずに新しい屋根をかぶせる工法です。カバー工法は2004年のアスベスト使用禁止から生まれました。アスベスト禁止により解体作業で石綿障害予防規則ができ、スレート瓦の撤去にはレベル3(非飛散性)の養生が必須となりました。このレベル3(非飛散性)の対応をするためには水をかけながら瓦を撤去する必要があります。しかし屋根に撤去する際に水をかけると雨漏りをして家の中が水浸しとなりかねません。そこから生まれたのが屋根重ね葺き(カバー工法)なのです。

スレート瓦
【施工前のスレート瓦】
屋根高圧洗浄
【まずは屋根を洗浄します】
防水シート設置
【既存の屋根に防水シートを設置します】
屋根棟板金
【棟板金は取り除きます】
屋根貼り施行中
【新しい屋根を設置します】
屋根重ね葺き完了
【屋根重ね葺き完了です】

外壁下地処理

外壁もまずは高圧洗浄をして既存の汚れを除去します。汚れの上から塗装をすると数年で剥離することもあります。また鉄部や木部といった付帯部分はケレン作業をします。鉄部や木部はそのまま塗装をしても塗料が吸着しづらいためケレンをして密着しやすくします。

塗料缶
【今回使用する塗料缶です】
外壁高圧洗浄
【外壁高圧洗浄】
破風板ケレン作業
【破風板ケレン作業】

外壁塗装

外壁は3回塗り。乾燥時間は塗料メーカーが規定する時間を遵守します。塗り重ねの乾燥時間を守らないと塗料の持ちが期待通りになりません。

外壁下塗り
【外壁下塗り】
外壁中塗り
【外壁中塗り】
外壁上塗り
【外壁上塗り】

付帯部分塗装

ケレン作業をしてから付帯部も塗装をします。ご覧のように各部位3回塗りをします。

小庇下塗り
【小庇下塗り】
小庇中塗り
【小庇中塗り】
小庇上塗り
【小庇上塗り】
破風板下塗り
【破風板下塗り】
破風板中塗り
【破風板中塗り】
破風板上塗り
【破風板上塗り】
空の塗料缶
【塗料は全て使い切ります】
空の塗料缶
【塗料は全て使い切ります】

S様邸担当者の声

井手診断士
屋根重ね葺き・外壁等塗装工事をプロタイムズ総研にご依頼いただき、ありがとうございます。弊社の施工・提案に喜んで頂きよかったです。今後も定期点検でお伺いいたしますので、末永いお付き合いをお願い致します。
「本当の外装リフォーム」に出合う本
最高品質の名工たち一級塗装技能士
ここまでやります!外壁・屋根診断
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。