[神奈川県川崎市]の施工事例

神奈川県川崎市の施工事例です。
川崎市では多摩区の施工事例がございます。左記以外の幅広いエリアに対応しております。「ちょっと遠いかなあ」とお考えになる前にまずはご相談ください。

神奈川県川崎市内で最近掲載した施工事例

神奈川県川崎市多摩区西生田M様邸
屋根:スレート瓦、外壁:モルタルリシン・タイル
2017年09月15日UP
  • 屋根重ね葺き
  • 外壁塗装
  • お客様の声
神奈川県川崎市多摩区西生田M様邸のお写真
神奈川県川崎市多摩区菅城下S様邸
屋根:スレート瓦、外壁:モルタルリシン/サイディング
2017年06月19日UP
  • 屋根重ね葺き
  • 外壁塗装
神奈川県川崎市多摩区菅城下S様邸のお写真
神奈川県川崎市麻生区多摩美 K様邸
屋根:スレート瓦、外壁:サイディング
2017年05月16日UP
  • 屋根塗装
  • 外壁塗装
  • お客様の声
神奈川県川崎市麻生区多摩美 K様邸のお写真
神奈川県川崎市高津区下作延 T様邸
屋根:スレート瓦、外壁:サイディング
2017年5月16日UP
  • 屋根塗装
  • 外壁塗装
  • お客様の声
神奈川県川崎市高津区下作延 T様邸のお写真
神奈川県川崎市高津区下作延 T様邸
屋根:スレート瓦、外壁:サイディング
2017年05月16日UP
  • 屋根塗装
  • 外壁塗装
  • お客様の声
神奈川県川崎市高津区下作延 T様邸のお写真
神奈川県川崎市多摩区菅仙谷K様邸
屋根:スレート瓦
2017年04月24日UP
  • 屋根重ね葺き
  • お客様の声
神奈川県川崎市多摩区菅仙谷K様邸のお写真
神奈川県川崎市多摩区生田S様邸
屋根:スレート瓦、外壁:サイディング
2017年04月24日UP
  • 屋根塗装
  • 外壁塗装
  • お客様の声
神奈川県川崎市多摩区生田S様邸のお写真
神奈川県川崎市多摩区南生田T様邸
屋根:スレート瓦、外壁:モルタルリシン・タイル
2017年04月04日UP
  • 屋根塗装
  • 外壁塗装
神奈川県川崎市多摩区南生田T様邸のお写真
神奈川県川崎市多摩区菅馬場 T様邸
外壁:木部窓枠
2017年02月16日UP
  • 木部窓枠塗装
  • お客様の声
神奈川県川崎市多摩区菅馬場 T様邸のお写真
神奈川県川崎市多摩区菅馬場 K様邸
屋根:スレート瓦、外壁:モルタルリシン・タイル
2017年02月16日UP
  • 屋根塗装
  • 外壁塗装
  • 防水工事
  • お客様の声
神奈川県川崎市多摩区菅馬場 K様邸のお写真
神奈川県川崎市多摩区宿河原 T様邸
屋根:スレート瓦、外壁:ALC
2017年01月16日UP
  • 屋根塗装
  • 外壁塗装
神奈川県川崎市多摩区宿河原 T様邸のお写真
神奈川県川崎市多摩区中野島 N様邸
屋根:スレート瓦、外壁:1階サイディング/2階モルタルリシン・タイル
2017年01月16日UP
  • 屋根塗装
  • 外壁塗装
  • お客様の声
神奈川県川崎市多摩区中野島 N様邸のお写真
神奈川県川崎市多摩区中野島 Y様邸
屋根:スレート瓦、外壁:1階サイディング/2階モルタルリシン・タイル
2017年01月16日UP
  • 屋根塗装
  • 外壁塗装
神奈川県川崎市多摩区中野島 Y様邸のお写真
神奈川県川崎市多摩区菅馬場 K様邸
屋根:スレート瓦
2016年10月31日UP
  • 屋根重ね葺き
  • 下屋塗装
神奈川県川崎市多摩区菅馬場 K様邸のお写真
神奈川県川崎市多摩区生田 S様邸
屋根:スレート瓦、外壁:サイディング
2016年08月26日UP
  • 屋根塗装
  • 外壁塗装
  • 防水工事
  • お客様の声
神奈川県川崎市多摩区生田 S様邸のお写真
神奈川県川崎市多摩区菅北浦 K様邸
屋根:スレート瓦、外壁:サイディング
2016年08月26日UP
  • 屋根塗装
  • 外壁塗装
神奈川県川崎市多摩区菅北浦 K様邸のお写真
神奈川県川崎市多摩区生田 N様邸
屋根:重ね葺き、外壁:モルタルリシン・タイル
2016年06月29日UP
  • 屋根重ね葺き
  • 外壁塗装
神奈川県川崎市多摩区生田 N様邸のお写真
神奈川県川崎市多摩区生田 H様邸
屋根:スレート瓦、外壁:モルタルリシン
2016年06月29日UP
  • 屋根塗装
  • 外壁塗装
神奈川県川崎市多摩区生田 H様邸のお写真
神奈川県川崎市の施工事例を見る

外壁補修

簡単な補修は自分でもできる?
外壁にひび割れができたり剥落が見られたりした場合に行う補修を外壁補修、目地などを埋めるシーリング材が劣化したり剥がれたりした場合に行う補修をシーリング補修と言います。実際には外壁補修の際にシーリング補修も合わせて行う場合があります。
外壁補修でもシーリング補修でも、損傷が軽微な場合は自分で直すこともできます。例えばひびであればシーリング(コーキング)材などを使って自分で埋めることもできるでしょう。しかし、シーリング材は塗装に比べると寿命が短く、補修箇所が多いと外観が損なわれます。また、外壁に合わない補修材はすぐに剥離してしまいます。応急処置をするにしても、いずれはまとめて本格的な補修をしたほうが良いでしょう。
外壁の損傷がひどい場合は、モルタル塗装やサイディング張りなどを行うことになります。モルタル塗装は従来の外壁がモルタル壁の場合に行われるもので、モルタルを下地にして新しい壁を塗布する方法。様々な形状に対応できるだけでなく、費用も比較的安価で済みます。従来は古いモルタルとの間で細かい隙間などが生じやすいとされていましたが、最近では技術が向上してさほど問題にならなくなっています。
サイディング張りはボード状の外壁材を貼り付けていく工法で、金属系・窯業系など、デザインや材質が豊富なのが特徴です。モルタルなどの外壁を壊してサイディング張りに変えると解体処分費がかかってしまいますが、外壁全体を張り替えるサイディング張りは美観を統一することができ、メンテナンス性にも優れるという利点があります。
シーリング補修の場合は、先にも述べたようにDIYすることもできますが、不具合があると浸水して雨漏りや腐食の原因になります。シーリングは特に防水において不可欠な工事です。自信がない場合は専門業者に依頼した方が無難でしょう。
神奈川県川崎市の事例では、外壁補修やシーリング補修の事例はありませんが、実際には下地処理の段階でひび割れの補修などを行っています。
安心できる補修のために知っておきたいこと
リフォームはトラブルになることも多いので、民間資格として「外壁診断士」と「外壁アドバイザー」が登場し、適正な工事の普及のために活動しています。また、全国住宅診断士協会では、適正な工事業者か判断するポイントとして以下の5つを挙げています。
  1. 現状の診断結果を写真などで説明してくれる。
  2. 補修方法を明確に提案してくれる。
  3. 見積もりが「一式」は避ける。
  4. 施工後の保証がある。
  5. メンテナンス(定期無料点検)をしてくれる。
例えばプロタイムズでは、外装劣化調査診断をビデオカメラでも撮影し、診断後にはDVDに納めて報告書と共にお客様にお届けしています。
工事価格には材料費や解体処分費なども含まれているので、一見するとわかりづらいのですが、しっかりした業者ならきちんと見積もりを出してくれます。また、国土交通省の報告書では工事費用の平均単価を知ることもできるので、参考にしても良いでしょう。
「本当の外装リフォーム」に出合う本
最高品質の名工たち一級塗装技能士
府中店7周年キャンペーン
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は約10,000件の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。