[神奈川県]の施工事例

プロタイムズ総研は神奈川県エリアでは横浜市港北区、泉区に店舗がございます。
施工事例をご覧になるとおわかりいただけますが、港北区近辺では青葉区・都筑区・緑区・神奈川区・鶴見区・川崎市、泉区近辺では旭区・瀬谷区・戸塚区・大和市・綾瀬市・藤沢市など幅広いエリアに対応しております。「ちょっと遠いかなあ」とお考えになる前にまずはご相談ください。

神奈川県内で最近掲載した施工事例

神奈川県川崎市多摩区菅城下S様邸
屋根:スレート瓦、外壁:モルタルリシン/サイディング
2017年06月19日UP
  • 屋根重ね葺き
  • 外壁塗装
神奈川県川崎市多摩区菅城下S様邸のお写真
神奈川県横浜市港北区師岡町 E様邸
屋根:スレート瓦、外壁:サイディング
2017年05月19日UP
  • 屋根塗装
  • 外壁塗装
  • お客様の声
神奈川県横浜市港北区師岡町 E様邸のお写真
神奈川県横浜市青葉区荏田西 S様邸
屋根:スレート瓦、外壁:モルタルリシン・タイルジョリパット
2017年05月19日UP
  • 屋根重ね葺き
  • 外壁塗装
  • お客様の声
神奈川県横浜市青葉区荏田西 S様邸のお写真
神奈川県横浜市青葉区鴨志田町 S様邸
外壁:モルタルスタッコ
2017年05月19日UP
  • 外壁塗装
  • お客様の声
神奈川県横浜市青葉区鴨志田町 S様邸のお写真
神奈川県横浜市青葉区松風台 S様邸
屋根:スレート瓦、外壁:モルタルスタッコ
2017年05月19日UP
  • 屋根塗装
  • 外壁塗装
神奈川県横浜市青葉区松風台 S様邸のお写真
神奈川県川崎市麻生区多摩美 K様邸
屋根:スレート瓦、外壁:サイディング
2017年05月16日UP
  • 屋根塗装
  • 外壁塗装
  • お客様の声
神奈川県川崎市麻生区多摩美 K様邸のお写真
神奈川県川崎市高津区下作延 T様邸
屋根:スレート瓦、外壁:サイディング
2017年5月16日UP
  • 屋根塗装
  • 外壁塗装
  • お客様の声
神奈川県川崎市高津区下作延 T様邸のお写真
神奈川県川崎市高津区下作延 T様邸
屋根:スレート瓦、外壁:サイディング
2017年05月16日UP
  • 屋根塗装
  • 外壁塗装
  • お客様の声
神奈川県川崎市高津区下作延 T様邸のお写真
神奈川県横浜市緑区寺山町 S様邸
外壁:サイディング
2017年05月16日UP
  • 屋根葺き替え
  • 外壁塗装
  • お客様の声
神奈川県横浜市緑区寺山町 S様邸のお写真
神奈川県横浜市港北区新吉田町 T様邸
屋根:スレート瓦、外壁:モルタルリシン・タイル
2017年05月15日UP
  • 屋根塗装
  • 外壁塗装
神奈川県横浜市港北区新吉田町 T様邸のお写真
神奈川県横浜市西区西戸部町 I様邸
外壁:モルタルリシン・タイル
2017年05月15日UP
  • 屋根重ね葺き
  • 外壁塗装
神奈川県横浜市西区西戸部町 I様邸のお写真
神奈川県横浜市緑区三保町 I様邸
外壁:モルタルリシン・タイル/ラムダサイディング
2017年05月15日UP
  • 外壁塗装
  • 防水工事
神奈川県横浜市緑区三保町 I様邸のお写真
神奈川県横浜市青葉区大場町 S様邸
屋根:スレート瓦、外壁:サイディング
2017年05月15日UP
  • 屋根葺き替え
  • 外壁塗装
  • お客様の声
神奈川県横浜市青葉区大場町 S様邸のお写真
神奈川県横浜市戸塚区 S様邸
屋根:スレート、外壁:モルタルリシン・タイル
2017年05月12日UP
  • 屋根重ね葺き
  • 外壁塗装
  • 防水工事
神奈川県横浜市戸塚区 S様邸のお写真
神奈川県横浜市旭区 I様邸
屋根:ガルバリウム銅板、外壁:モルタルリシン・タイル
2017年05月12日UP
  • 屋根塗装
  • 外壁塗装
神奈川県横浜市旭区 I様邸のお写真
神奈川県横浜市金沢区 I様邸
屋根:スレート、外壁:モルタル・リシン
2017年05月12日UP
  • 屋根塗装
  • 外壁塗装
神奈川県横浜市金沢区 I様邸のお写真
神奈川県横浜市泉区 I様邸
屋根:スレート、外壁:モルタルリシン
2017年05月12日UP
  • 屋根シーガード施工
  • 外壁塗装
神奈川県横浜市泉区 I様邸のお写真
神奈川県横浜市旭区 O様邸
外壁:金属サイディング
2017年05月12日UP
  • 外壁塗装
  • お客様の声
神奈川県横浜市旭区 O様邸のお写真
横浜市の施工事例を見る
川崎市の施工事例を見る
その他エリアの施工事例を見る

屋根塗装

屋根を守る最初の防護膜
屋根塗装を塗り替えるきっかけとしては、チョーキング現象(白い粉のようなものが浮き出す現象)や雨漏り、美観の低下などが挙げられます。特に20年以上も塗り替えなかった屋根の場合は、全体にコケが生えてしまうこともあります。もっとも、防水性を担っているのは屋根塗装や屋根材だけではなく、最も重要なのは屋根材のすぐ下に設置されている防水シートです。これが破れたりしなければ雨漏りはまず起こりません。
しかし、屋根塗装は紫外線や雨から屋根を守る最初の防護膜です。やはり7~10年に1度ぐらいの頻度で塗り替えるのが理想でしょう。また、塗り替える際に様々な機能を持った塗料を用いることによって屋根に新しい性能を付加することもできます。
例えば遮熱機能がある屋根塗料を使うと、屋根の表面温度を下げて室内の冷房効果を高めることができますし、耐薬品性の高い塗料を使えば、酸性雨に対する耐性を持った屋根に仕上げることができます。また、神奈川県内の事例を見てもわかるとおり、屋根の色をガラリと変えてイメージチェンジすることも可能です。
屋根塗装のメリットは他にもたくさんあります。トタン屋根や棟板金などは錆びにくくなりますし、防水性が高まります。カビの発生を抑えたり、屋根材を守ることもできます。さらに、それぞれの機能を強化した塗料も存在します。
屋根塗装の目安
メーカーなどが耐久年数を発表していますが、実際には気象条件や屋根の形状、施工状態によって変わってきます。そのため屋根の塗り替えについては、直接見て判断することも必要です。塗装の艶が失われていないか、色が薄くなってはいないか。チョーキング現象を起こしていないか、カビやコケが発生していないか、塗装が剥がれていないか。一般的にはチョーキング現象が起こったら塗り替えのサインだと言われています。カビやコケが発生したり、塗装が剥がれている場合はすでに屋根材自体に水分が含まれていると考えなければなりません。その場合は屋根塗装だけでは間に合わなくなります。
悪徳業者・激安業者にご用心!
「ウチで施工すればこんなに安いですよ」と言って売り込んでくる業者もいると思います。しかし、過剰に安い業者には注意が必要です。なかには塗装工程を飛ばしたり、下地処理を怠ったり、塗料を盛りすぎたりする業者もいます。下地処理をはしょったり屋根材と合わない塗料を使ったりすれば塗料はすぐに剥がれてしまいますし、盛りすぎた塗料は屋根に本来あるべき隙間を狭めて毛細管現象で雨水を吸い上げ、雨漏りの原因となります。厄介なのは、これらの手抜き工事が行われても外観からは判別できないことです。安すぎる業者には飛びつかないこと。特に安さの理由をきちんと説明できない業者は信用するべきではありません。
外装リフォームを検討する際に必ず把握すべき3大事項
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は約10,000件の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。