雨漏り診断・点検

雨漏り診断は無料となります。ここでは詳しい内容をご説明します。

無料診断

以下はお問い合わせ後に無料で行う診断の内容です。実際の調査までは行いませんが、ヒアリングと検証である程度の見込みは掴めます。

ヒアリング
ヒアリング
雨漏り診断・点検を行う前に、ヒヤリングを実施します。具体的にはどの場所がどのように濡れているのか、いつから雨漏りが起こっているのか、どんな雨の日に起こるのかをお聞きします。すると、雨漏りの原因に対して様々な仮説を立てることが可能になり、場合によっては迅速な原因特定ができることもあります。ヒアリングを行えばより早く適切な処置に近づくことができますし、一部の業者のように「原因はどうせココだろ」と勝手な解釈をすることもなくなります。
目視検査開始
目視検査
ヒアリングが終わったら、まずは実際に雨漏り現場を目視で検査します。単純に建物を見るだけでなく、ヒアリングによって立てた仮説に基づいて目視診断を行います。つまり、建物に生じている不具合をできるだけ早く見抜くことが目視検査の目的なのです。仮説は複数立てられる場合もあります。雨漏りの原因も1箇所とは限らないので、念には念を入れて診断していくことが必要です。なお、目視検査は内部雨漏り箇所検証、外部雨漏り箇所検証に分かれます。
内部雨漏り箇所検証
内部雨漏り
目視検査ではまず建物の内部から雨漏り箇所の検証を行います。天井から壁に流れる雨水の染みや柱に残る流水の痕跡、クロスがめくれて木材が水で腐食している、壁から雨漏りが発生している等々、内部で起こった雨漏りを検証します。この時も様々な仮説を立てるのですが、雨漏り奉行の経験が威力を発揮するところでもあります。雨漏りは実に様々な原因で起こり、中には想像もつかない経路で発生している場合もあります。どれだけ適切な仮説を導き出せるかが早期解決の鍵となります。
外部雨漏り箇所検証
外部雨漏り
内部雨漏り箇所検証が終わったら、次は建物の外部から雨漏り箇所の検証を行います。目で見てすぐそれとわかる原因以外にも、小さな外壁のひび割れなどから雨水が浸入している場合があります。打診棒などを使って慎重に診断していくことになります。場合によってはこれまでに立てた仮説を基にサーモグラフィーを使って赤外線調査を行ったり、散水調査を行ったりします。特に散水調査は雨天時・豪雨時と同じ状況を作り出せるので有効な調査手段です。
内部雨漏り箇所サーモグラフィー検査
赤外線調査
雨漏り診断ではサーモグラフィー検査を行うことがあります。サーモグラフィーとは熱を画像として計測できる装置のことで、雨漏りを視覚化して捉えることができるようになります。見えない所の雨漏りまで確認できるようになったので、サーモグラフィーの登場は雨漏り調査に画期的な変化をもたらしたと言われています。
雨水浸入経路の特定(散水調査)
散水調査
雨水の浸入経路を特定するための再現調査に使われるのが散水です。散水することによって雨漏りの原因と推察される箇所に雨天時・豪雨時と同じ状況を作り出します。本物の水を用いることで雨水の浸入経路の特定を目指すわけです。ただし、建物の構造を熟知していないと十分な成果を上げることが難しい調査でもあります。
雨漏り浸入箇所の仮説組み立て
ヒアリング、目視検査(内部雨漏り箇所検証、外部雨漏り箇所検証)を通して、雨漏りの浸入箇所がどこなのか仮説を立てていき、最終的な仮説を組み立てます。場合によっては仮説を複数立てることもあります。可能性の高い仮説から検証していけば、より早く原因を究明することができるからです。浸入経路が明らかになったら、防水補修や雨仕舞い(家の中に入った雨水を外に逃がすための経路を作ること)を行います。場合によっては外壁リフォームなどを行うこともあります。

修理・補修(有料)

診断結果を元に補修工事や修理を行う場合は有料となります。

雨漏りした時はどこを点検すればいいの?
雨漏りにおける屋根外壁診断
「本当の外装リフォーム」に出合う本
最高品質の名工たち一級塗装技能士
ここまでやります!外壁・屋根診断
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。